So-net無料ブログ作成

『ヴァンパイア騎士Guilty』第8夜 [アニメ]

第8夜「追憶の螺旋(スパイラル)」

優姫がヴァンパイアとして目覚めた!事実を知ったは・・・
そして優姫が目覚めた事で李土が動き出した。


優姫が玖蘭の純血の娘で、と兄妹(義理らしい)と知らされた零。
ヴァンパイアを憎んでいる零にとっては、優姫がヴァンパイアだと知らされて愕然とする。
枢が気を失った優姫を抱きかかえて去って行くのをただ見ていた。


優姫は幼い頃の記憶が甦っていた。
優姫を窓の無い部屋に閉じ込めていた両親。
元老院が純血種の力を利用しようとしている事に、優姫を巻き込みたくないから
両親は優姫を隠して育てていた。

しかし李土が優姫を奪いに来て、父・悠は殺され母・樹里は自らを犠牲に
優姫のヴァンパイアの因子を眠らせた。


優姫が目覚めた事は、他のナイト・クラスのメンバーも気づき、
枢の優姫に対してのこれまでの行動の意味を理解する。


覚醒したばかりの優姫は「血が欲シイノ」と体が要求していた。
枢に抱きつき血を求め、首筋に喰らいつく。
枢の首筋を舐める優姫はチョッとエロでした。
優姫が人のときとヴァンパイアに戻った違いを、髪の長さで表現してましたね。
髪の長い優姫・・・イマイチかな。


李土が動こうとするのを立ちはだかった莉磨
支葵の体を乗っ取った李土に戦いを仕掛けます。

李土VS莉磨が戦闘開始!!

莉磨が攻撃するも逆に李土の攻撃で切り傷を負わされる。
一条は莉磨を止めますが、聞く耳持たずで止めようとしない莉磨。

李土の攻撃で深手を負う莉磨が支葵に訴えかけます。
「あんたはもっと自分に愛着を持つべきよ」
その言葉に支葵が反応して李土に反発しだし・・・


優姫は零に会いたいと思っていた。
でも自分は零が嫌いなヴァンパイア、今更会えるわけがない。
そう思いつつも零に会いたいという気持ちが抑えられず、脱走を図る。

優姫を護衛していた藍堂架院は止めますが、純血種の優姫に逆らえない。
そんな二人を察して、いっしょについて来ればいいと言う優姫。
藍堂が優姫の呼び方に戸惑っているのが、おかしかったですね~
今まで呼び捨てだったのが「優姫・・・さま」だもんね(笑)


理事長が髪を下ろし、ハンターに復帰!?
今回はボケずに真面目でした。


零の部屋の前まで来た優姫、部屋の中から銃を向ける零。




枢がデイ・クラスの生徒を外に出さないように指示を出していましたが、
これは確実に学園が戦いの場になるってこと!?

支葵を人質に取られて手が出せないから言いなり状態の一条。
莉磨は戦って支葵を救おうとしているのに比べ、ヘタレな一条です。

優姫が零に会って話がしたいと強く願ったのは、自分がヴァンパイアだったことの説明?
それとも零に恋心を抱いたから?・・・枢は憧れでホントの恋心ではなかった。
とも考えたのですが、魔性の女の要素がいーぱい備わっている優姫だから・・・
まだ曖昧な態度で二人の間を行ったり来たりしそう。





ヴァンパイア騎士凝黒の罠 (花とゆめCOMICSスペシャルララノベルズ)

ヴァンパイア騎士凝黒の罠 (花とゆめCOMICSスペシャルララノベルズ)

  • 作者: 樋野 まつり
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2008/10/03
  • メディア: コミック

nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(6) 
共通テーマ:アニメ

nice! 3

コメント 3

usako

bapioさん、
nice!ありがとうございます!(^^)!
by usako (2008-11-25 19:38) 

usako

うっちーさん、
nice!ありがとうございます!!
by usako (2008-11-26 12:11) 

usako

「直chan」さん、
nice!ありがとうございます♪
by usako (2008-11-27 00:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 6

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。