So-net無料ブログ作成

『かんなぎ』第13話最終回 [アニメ]

第13話「仁、デレる」

最終回にしてこのタイトルは・・・
ナギの正体は分かるのでしょうか?


あら?ナギが身を寄せている家は・・・
前回が訪問した家ではないですか!
おばあちゃんの知り合いって・・・


つぐみにナギが出て行ったことを打ち明けた仁。
理由を問い詰められて「おまえには関係ないだろ[むかっ(怒り)]とキレる仁。

ナギが学校に来ていないのを心配した貴子紫乃が、つぐみを呼び出して訊きます。
仁から聞いているつぐみですが、貴子達には出て行ったことは言わなかった。

校門で仁を待っていたつぐみ。
ナギを探したのかと訊きますが・・・

自分で出て行った。

止める権利はない。

俺の家に居なければならない理由もない。

居づらくなったら他の所に行けばいい事だ。

そう言う仁につぐみは、
「帰るに帰れなくなっているだけじゃない。
ナギさんは仁の家以外行く所がないんだよ」

仁を励ますつぐみがホントいい子ですねー
仁を好きでライバルのナギがいなくなったら、チャンスと考えてもおかしくないのに、
ナギの情報も調べて仁に教えたりして・・・いい子です


つぐみの情報でナギを見つけた仁。
ナギが自分の事、ケガレの事などが分からなくて隠していたんだろうと言う仁。
ナギは自分が神だと思うのに欠落している部分があり、分からなくて不安だったんですね。
仁が一緒に探そうと言ってくれた。


やっと仲直りした二人の元に突然女性が現れた。
「よかったーお家の方がみえられたんですね」と微笑む着物姿の女性。
仁を見て
「あら?あなた、不思議なご縁ねー。
もしよかったらもっと教えてあげられるんだけど、どうかしら?」と仁の手を取る。

昔の話をする女性はナギを神薙さまと呼ぶ。

昔の話をしながら「首を吊ったのは私です」と言う女性。
え!?首を吊った!!それっておばあちゃんが突然喋りだして言っていた事なのでは・・・

「四十九日まではゆっくりしようと思います。出発の日にはまた・・・神薙さま」
そう言って去って行く女性。
彼女は仁が神薙さまの話を訊きに行った、上森家で会ったおばあちゃんの幽霊。

死ぬ前にナギに会えたことを喜んでいたようですが、
もうひとりのナギがおばあちゃんに会いに来たのだろうと・・・


二人で家に戻ると、美術部のみんなからの留守電が入っていた。
みんなが心配していたのが伝わりるひとコマ。

風呂に入るというナギが仁に「ありがとう」と・・・
仁はいきなり言われて、心臓がドキドキで熱まで上がって火照り気味。
お風呂に入ったはいいが着替えを忘れたナギが、バスタオルを巻いて部屋に行こうとして
仁とバッタリ、慌てる二人は倒れてしまい・・・ヤバイポーズに・・・

ナギが帰って来たと聞いてやって来たつぐみが、倒れてヤバイ格好の二人を見た・・・
壊れた人形のように首を左右に振って・・・ダッシュで家を飛び出す[ダッシュ(走り出すさま)]
残された仁とナギは・・・

「み、見てません・・・大事なとこは」

「というか、こんなの見られたらバカにされるに決まっている・・・エヘ」



最後は笑いで終わりました。
結局神様のようではあるが、ハッキリはしなかったナギの存在でした。
でも「かんなぎ」は面白かったです。
画も仁がかわゆかったし!(^^)!二人の掛け合いは面白かったです。






かんなぎ 3 【完全生産限定版】 [DVD]

かんなぎ 3 【完全生産限定版】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: DVD


nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(12) 
共通テーマ:アニメ

nice! 4

コメント 3

usako

うっちーさん、
nice!ありがとうございます(^^♪
by usako (2008-12-28 12:08) 

usako

パールさん、
nice!ありがとうございます!!
by usako (2008-12-28 17:12) 

usako

「直chan」さん、
nice!ありがとうございます!(^^)!
by usako (2008-12-29 08:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 12

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます