So-net無料ブログ作成

『RIDEBACK-ライドバック-』第4話 [アニメ]

第4話「しょう子、危機一髪」

GGPのロマノフの着任と白ライドのお披露目が行われる日。
TV塔がテロリストによって爆破された[爆弾]
巻き込まれたしょう子を、がフェーゴに乗って助けに行く。


珠代は兄との電話で「奴の昔話を聞けないか?」と言われますが、
岡倉のことを言っていたのだろうか?
兄の龍之介は、以前ロマノフと対面した時に、白ライドの導入を拒んでいましたが
結局ロマノフの言うことを聞いたようですね。
その時に話題になった日本人ライドバックドライバーを探している?
岡倉と睨んでいるのかな?


フェーゴとバロンをメンテに出すため、菱田河合が街の行くことになった。
琳はしょう子が街に買い物に行っているので合流しようと、車に乗せてもらう。
街に行く途中でしょう子と電話で合流すると伝えていたら、
突然しょう子がいた場所が爆破され武装したテロリストが銃を発砲。
銃声と共に電話が切れてしまい、車から外を見たら、しょう子が居る場所から煙が・・・


テロリストが声明文を出した。
BMAという組織で、「ロマノフの着任を許さない」と・・・

菱田が止めるのも聞かずに、琳がフェーゴに乗り込みしょう子の助けに向かう。


封鎖されているのを琳が突破して、ビルの中に突っ込む。
しょう子を見つけてビルから脱出[ダッシュ(走り出すさま)]
しかしテロリストと間違われて攻撃を受けてしまう。
白いワンピースを着たテロリストがいる訳ないのに、GGPと警察は何を勘違いしているんだか・・・


逃げていた琳達はGGPと警察の包囲網で行く手を阻まれた。
しょう子は間違われているのだから誤解を解けばいいと言いますが、
何故だか琳は動かない。
フェーゴに乗れている感覚に、非常事態なのに一人別世界の中にいる琳。

その時男の声が聞こえた。
「誰?」と思っていたらミサイルが飛んできた。
ミサイルはヘリに命中して爆破。
その隙に琳がジャンプして下の道に逃げる。
でもその瞬間に光を見た琳[ぴかぴか(新しい)]

着地してそのまま逃走。
トンネルの中に入っり、安全と分かったのでしょう子に声をかけますが、気を失っていた[眠い(睡眠)]
すると後ろから近づいてきた男が並走して走る。
男はフェーゴの事を知っているそぶりを見せる。

「おまえは選ばれたのか?」

フェーゴのチューニングは乗り手を選ぶと男は言い、
言うだけ言って最後は琳に、「行け」と言って去って行った。
彼はテロリストの仲間だと思うのですが・・・



今回の事件で琳の走りをTV中継されちゃって、目を付けられるんじゃないのか!?
あれだけ高い技術を披露しちゃったら、GGPからも警察からもさらにテロリストからも
マークされるのではないでしょうか。
望まなくても戦いの場に引っ張り出されそうです。

それにしても、しょう子の危機を救いに行った琳ですが、あまりにも無謀すぎないか!?
バイクで銃撃をかわすのって、後ろに乗っている人物(しょう子)が一番危ないんだよね。
でも、銃撃を浴びながら逃げる走行は面白かったです。






RIDEBACK 4 (4) (IKKI COMICS)

RIDEBACK 4 (4) (IKKI COMICS)

  • 作者: カサハラ テツロー
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2005/05/30
  • メディア: コミック

nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(9) 
共通テーマ:アニメ

nice! 2

コメント 1

usako

>bapioさん、
nice!ありがとうございます!(^^)!

>うっちーさん、
nice!ありがとうございます!!
by usako (2009-02-03 21:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 9

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。