So-net無料ブログ作成

『RIDEBACK-ライドバック-』第10話 [アニメ]

第10話「Master of the war」

TV塔でテロ事件がなければ…GGPの包囲網を突破しなければ…

がGGPにマークされることもなかった。
あの事件がすべてを変えてしまった。

まさかの死亡者が出てしまいました。


依田からの情報はあまり役に立たないものだった。
でも彼女が妨害も遭わずに情報収集が出来ていることを、龍之介は逆にロマノフ体制が
一枚岩ではないという可能性があると考える。


岡倉がGGPに潜入。
内部のシステムを調べる。


岡倉が用意した場所に移る準備をする珠代
琳は警察に出頭すると言いますが、GGPが信用できない珠代は琳を渡す気は無いと…


反GGPのデモに参加する菱田・河合・すずり

「あんまり無理しないで。兎に角うちらは安全第一で行こう」

この時はデモに参加している人の人数も多いから、
警察もGGPも手を出してこないと、軽く考えていた菱田。
デモに参加して安全という保障はないはず。
菱田の言葉がどうにもお気楽に聞こえてしまう。


高速道路の料金所で検問をしているGGP。
琳達が乗るトラックを止めて積荷を訊ねられ、美術品と答えた佐藤
珠代は父親のコネで入手した通行書を見せて、まんまと検問を突破[車(RV)]

「木を隠すには森。人が隠れるなら街中ってことよ」

街に戻ることを心配する琳に、人が多いほうが見つかり難いって事をですね。
それに、街に戻るのはみんなに会うため。
菱田からのビデオメールでみんなの姿が…

「私、上手く乗れるようになりました。
今度はいっしょに琳さんとライドしたいです!
きゃー[るんるん] 言っちゃったー」

すずりのこのはしゃぎっぷりが、後に起こる事を思うと切ないです。


ロマノフは部下からBMAの行動を予測して、捕まえるための動きを展開していると報告を受ける。
さらに珠代の父親の周辺で、反GGPと思われる者の動きを確認して逮捕要請を出したと…
龍之介の父親と知っていて、部下には「適当に遣っておけ」と言うロマノフ。
他国の大物代議士を簡単に逮捕できるGGPの力。
なんか軍事力で押さえこまれて、植民地と化している日本って感じがします。


GGPに潜入した岡倉がキーファの元へ…
潜入して掴んだGGPのシステム。
キーファと手を組んだ岡倉。

岡倉から作戦の目的を訊かれたキーファは、フェイクだと答える。
別の目的を持った人間が複数居る。
キーファの目的は、自分を罠に嵌めた裏切り者を抹殺すること。
初期のGGPのメンバー達を裏切った奴…ロマノフ

フェーゴは琳のために作ったのかと、キーファに訊かれ岡倉は…

「戦場を捨てた無様な男の未練だ」

飛び交う銃弾や炎に囲まれた極限の中の緊張感。
その中でこそ発揮する自分の力に、琳は気づいていると言うキーファ。


デモ行進にすずりはライドバックに乗って参加する。
参加者がすずりを「謎のライドバック少女」と勘違いする。


ロマノフは新兵器・グリモアでキーファが来るのを待ち構える。


デモに参加している人々が、ライドバック少女が居ると騒ぎ出し、
白ライドとGGPの姿を見た菱田と河合はヤバいと感じる。

デモ隊の中に琳がいるとの情報でGGPが動き出した。


龍之介の元に横山が来て、父親の件は処理するから動いて欲しいことがあると…
横山はロマノフを引きずり落とそうとしている!?
んー、これまでのロマノフに対しての彼女の意味ありげな反応はこれだったのね。
何も知らないロマノフは、一人で踊らされてるって事ですね。


デモの方は、GGPを挑発した参加者を制圧しようと白ライドが動き出し、人々が逃げ出す。
菱田はすずりに場所を移動するように言いますが、公園の外に走り出してしまった。
白ライドがすずりを捕まえようと追う。

公道を走るすずりの横を電車が通り、車内に居る琳と珠代の姿を見つける。
琳もすずりの姿を確認しますが、白ライドに先回りされているのに気づき止まるように叫ぶ。
琳と珠代の声が聞こえていないすずりは、

「琳さん、また踊りはじめて下さい。
私見たいんです、琳さんのステージ」

琳には聞こえなかった。

すずりは琳の居ない間の特訓の成果を見せようとライドバックと共に…飛ぶ

でも白ライドが待ち構えてすずりは…

あれはすずりの血飛沫!?
すずりの姿はよく分かりませんでしたが、ヘルメットとメガネが飛んだ。
ヘルメットが飛ぶほどの衝撃を受けたって事ですね。

それを電車の窓から見た琳と珠代。
そしてすずりを止めようと追いかけてきた菱田と河合。
すずりがライドバックに乗って走行しているのを見て、追いかけてきたしょう子

しょう子はすずりの姿を見て…

「うそ、うそ、うそ…いやーーー」


琳と珠代の元に岡倉が現れた。

「あなたがこんなものを作らなければ、すずりちゃんは、すずりちゃんは…」

EWバンドを掴んで岡倉に言う琳。
そしてバンドを落とす。

「未練です。私とあなたの未練がすずりちゃんを殺したんです」



すずりが死なずに済む方法はいっぱいあった。
そもそもデモに参加したこと事態危険なのに、ライドバックに乗って参加するなんて…
菱田か河合が乗っていれば、こんな事態にはならなかったのに。
部のメンバーの浅はかな考えと行動で、最悪な事態を招いてしまったと思うのです。
GGPの怖さを知らなかったからしょうがないともいえますが、考えが甘かったですね。

でも死亡者を出したGGPを、国民は黙っていないんじゃないかな。
横山の依頼でロマノフを失脚に追い込むことが、龍之介に出来るか?
キーファがロマノフと対戦して倒すか?

戦争アニメになってます。
これ以上暗い話にならないことを願います。





RIDEBACK(ライドバック) 10 (IKKI COMIX)

RIDEBACK(ライドバック) 10 (IKKI COMIX)

  • 作者: カサハラ テツロー
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2009/02/25
  • メディア: コミック



 

RIDEBACK 01 (初回限定版) [DVD]

RIDEBACK 01 (初回限定版) [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(7) 
共通テーマ:アニメ

nice! 2

コメント 2

usako

bapioさん、
nice!ありがとうございます!!
by usako (2009-03-16 18:53) 

usako

うっちーさん、
nice!ありがとうございます♪
by usako (2009-03-17 05:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 7

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。