SSブログ

『アスラクライン』第2話 [アニメ]

第2話「未来に滅びるということ」

アスラ・マキーナはロボだった!?
トランクを開けたら出てきたロボがアスラ・マキーナのようですが…


目を覚まして上を見ると操緒が寝ていて横には下着姿の朱浬が寝ていた。
あれ?昨夜の騒動はどうなったの?
これはスルーてことですか?


「ねぇ、モーニングコーヒー」

と言いながら智春にもてれかかる朱浬。
智春は朱浬の胸にドキドキ[あせあせ(飛び散る汗)]

下着のままでコーヒーを飲む朱浬ですが…服を着ろー
昨夜の騒動はやっぱり夢ではなく、窓ガラスは割れてボロボロ。

朱浬は自分をダークソサイティ(あっているかな?)と言い、智春の手を自分の胸に…

「この世界は一度滅んだの」

一度滅んだと言う朱浬ですが、んー迷宮にはまりそう^^;


玲士郎は智春をハンドラーと呼び、嵩月と接触させないようにと話していた相手は玲子


大屋さんの家に挨拶に行くと、ものすごーくデカイ敷地だった。
大家の孫娘に案内されて行った家に入ると、中は螺旋の絵柄だらけだった。
このじいさまが「美しいとは思わないかい。螺旋とは…」
螺旋の説明をしていましたがなんだか変わった人物です。
智春がまもなく一つの選択に迫られる事になると言いますが…
何かを知っているようですね。


じいさんの家からの帰りに嵩月に会う。
彼女が逃げたので後を追う智春[ダッシュ(走り出すさま)]
しかし足を滑らせゴロゴロと坂を転げ落ちてしまった。
結局嵩月にケガの手当てをしてもらうことになったのですが、智春の目線は胸に…
そして嵩月の部屋で白装束を見てしまった智春と見られた嵩月は…

「はぁ~」「はっ!」「はぁ~」「はっ!」「はぁ~」「はっ!」

「コ、コスプレ」

二人の驚きようがおかしい(笑)


智春の部屋に忍び込んだのは、やっぱり嵩月だった。
そして彼女は自分が「悪魔」だと言う。

擬態だと射影体の操緒が見えるようです。
射影体は生霊、アスラ・マキーナに封じられている生贄。
そしてアスラ・マキーナを災いだと言う。


そこに今度は先日押しかけて来た連中が来て逃げようとして、嵩月を抱っこしたら…
智春の胸倉を掴んで凄むおじさん。
が、嵩月がビンタをお見舞い。
なんとそのおやじは嵩月の父親だった。


若頭がその場は収め、智春とお寿司をはさんで話し合い?
ビビる智春に若頭が「申し訳ありませんが」と言うと、
すかさず操緒?が、「死んでもらいます」

死にはしませんよ。
父親が嵩月に渡すつもりでいた入学祝のプレゼントを渡してくれってことでした。


そして三つ巴の残る一人の玲士郎は…

第一生徒会から呼び出された智春が部屋に入ったら、玲士郎が待っていた。
玲士郎は第一生徒会の会長で、智春を生徒会に迎えると言いますが…
その言い方は、強引で入ると決め付けている。
当然信用できなくて智春は断ります。
しかし強引な玲士郎は、帰ろうとした智春を武力で拘束しようとする。

助けに来たのは嵩月。
悪魔の力で炎を出して部下たちを倒す。
玲士郎は自分の射影体の哀音を呼び出し、彼女がロボに変身。
彼女もアスラ・マキーナなのか?


ロボの攻撃を操緒が一瞬食い止めたけど消えてしまい、智春の体に異変が…




展開が早いよ^^;
誰が正義で悪なのかが分からない?
玲士郎のやり方は悪のように見えるし、嵩月組は悪魔だから悪なのか?
とも取れるし、朱浬は直貴と知り合いのようですが、信用できるのか?
アスラ・マキーナの事も分からないしな~(・・?
原作を知らないとかなり理解するのに苦労しますね。






アスラクライン〈2〉夜とUMAとDカップ (電撃文庫)

アスラクライン〈2〉夜とUMAとDカップ (電撃文庫)

  • 作者: 三雲 岳斗
  • 出版社/メーカー: メディアワークス
  • 発売日: 2005/10
  • メディア: 文庫

nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(10) 

nice! 4

コメント 4

usako

「直chan」さん、
nice!ありがとうございます!(^^)!
by usako (2009-04-10 05:25) 

usako

まこたまさん、
nice!ありがとうございます!!
by usako (2009-04-10 21:48) 

usako

Gomarzさん、
nice!ありがとうございます!(^^)!
by usako (2009-04-14 10:52) 

usako

cherryhさん、
nice!ありがとうございます♪
by usako (2009-04-14 22:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 10

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます