SSブログ

『戦場のヴァルキュリア』第2話 [アニメ]

第2話「コナユキソウの祈り」

ギュンター将軍の屋敷に置いてあった戦車はエーデルワイス号
戦車に名前がるのも…それもエーデルワイスって…

アリシアイサラはなんだか戦車の話で盛り上がり、いつの間にか仲良くなってる。
3人はエーデルワイス号に乗り込み、帝国軍の攻撃を突破する。


戦車といったらもっと動きが鈍いイメージがありましたが、エーデルワイス号は違った。
素早い動きで帝国軍の攻撃をかわして脱出した。
ギュンター将軍とイサラの実の父親が作った戦車。


ブルールに戻ってきた3人。
しかし自警団の団長から留守を任された男が、帝国軍から逃げてきた3人に対して責める。
逃げられて見逃すはずがない帝国軍が、追ってくるのが分かっていて戻ってきた事を非難する。
ところがアリシアがこの男よりも先を読んでいて、住民が無事に避難できる時間、
帝国軍を足止めしていればガリア軍が援護に来てくれる時間を稼ごうとしていた。
アリシアが話す作戦に腰を折ったのがウィルキン

「俺たちはいつ逃げればいいんですか?」


帝国軍を迎え撃つことになったけど、自警団が所有している戦車は…ボロボロ
錆びれて動きそうには見えないボロい戦車なのに、さっきまで文句を言っていた男が
今度は強気発言してるけど…その自信の意味が分からん。


帝国軍が攻めて来て、自警団との交戦。
数台の戦車で町を攻撃する帝国軍に、自警団はけが人ばかりが増えて苦戦。
ボロボロ戦車の整備がまだ出来ていないというのに、勝手に走らせてしまう団長代理。
イサラがウィルキンに止めるように言いに行くが…

整備不良でボロボロの戦車は途中で止まってしまい、帝国軍の攻撃を食らい炎上。
団長代理はこれで退場。


団長が住民の避難を終えて戻ってきた。
あとは自分たちが避難するだけになり、帝国軍の包囲網の中、エーデルワイス号で逃げる作戦に出る。

帝国軍の攻撃を受けるエーデルワイス号。
砲弾が当たったのに弾いちゃったけど、何でできてるんだ?
超合金なの?でもこの時代ではあり得ないよなー

ガリア軍が接近していると連絡を受けた帝国軍が仕方なく撤退。


帝国軍を追い払ったけど、ブルールの町は放棄されてしまった。
アリシアは戦いを終わらせるために軍に入ることを決める。
何故だか帝国軍が攻めてきたと聞いただけで気絶していたスージーも軍に入隊している。

ブルールと帝国軍の戦いの詳細を聞きたいと呼ばれるアリシア。
そしてウィルキンと再会をする。



軍に向かないウィルキンとスージーがどうして軍に入隊しているの。
特にスージーは不思議です。
家柄が良いようですが、お嬢様なのに何故軍に入ったんだ?







戦場のヴァルキュリア (1) (角川コミックス・エース 149-4)

戦場のヴァルキュリア (1) (角川コミックス・エース 149-4)

  • 作者: セガ
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2008/11/26
  • メディア: コミック


戦場のヴァルキュリア(通常版)

戦場のヴァルキュリア(通常版)

  • 出版社/メーカー: セガ
  • メディア: Video Game

nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(11) 
共通テーマ:アニメ

nice! 5

コメント 4

usako

bapioさん、
nice!ありがとうございます!(^^)!
by usako (2009-04-12 11:54) 

usako

うっちーさん、まこたまさん、
nice!ありがとうございます♪
by usako (2009-04-12 22:01) 

usako

「直chan」さん、
nice!ありがとうございます!!
by usako (2009-04-13 12:04) 

usako

蒼竜窟さん、
nice!ありがとうございます♪
by usako (2009-04-16 03:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 11

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます