So-net無料ブログ作成

『戦場のヴァルキュリア』第9話 [アニメ]

第9話「蒼き魔女」

今回は帝国軍側の回になりました。
帝国軍のお家事情も色々あるようです。


中央から来たカールセルベリアの部下として配属された。
同時期にグレゴールイェーガーの元にも部下が配属される。
そしてマクシミリアンには本国に戻るようにと連絡が入る。
同じ時期に中央からの部下とマクシミリアンだけを呼び寄せることに疑問を持つセルベリアとイェーガー。


イェーガーはカールに配属前に中央の幹部に何か言われなかったと訊ねます。
彼はイェーガーやセルベリアの前では、何も言われなかったと答える。
しかし本当は、セルベリアをマクシミリアンに近づけるなと言われていた。
だから、マクシミリアンの後を追おうとしたセルベリアを必死に止めた。


中央では皇太子の取り巻き連中がマクシミリアンを消す計画を立てていた。
帝国軍は後継者争いで身内で不穏な動きがありますね。
なんだかこの取り巻き達が正規軍の無能な幹部たちとダブってしまう。
ウェルキンの方はおバカな正規軍で、マクシミリアンは身内のおバカな取り巻きと、両者ともお荷物を抱えていますね。


カールは中央に言われた通りに、セルベリアとマクシミリアンを近づけないことに成功したのに、なんとお役御免で始末されそうになる。
セルベリアが結果的に助けた形になり、中央の裏切りでカールは戻る場所を失った。
こうなったらすべて話しちゃうのは当たり前で、セルベリア、イェーガーと共にカールはマクシミリアンの元に急ぐ。


皇太子の取り巻きが用意した連中が、マクシミリアンが滞在している場所に攻めてきた。
銃撃戦が始まっている中、駆けつけたセルベリアが敵を倒してゆく。
「蒼き魔女」と言われるだけはアリ、一人で倒しちゃいました。
前回同様、銃弾を真っ二つに切っておりましたが、彼女の必殺技なんですかね。


マクシミリアンは……全然無事でした。部屋に押し入った奴らは彼によって全滅。
彼も一人で倒しちゃってかなり強いですね。


本国に戻ったマクシミリアンは取り巻きを従えて歩く皇太子とすれ違いざま、お互いに牽制し合う。
今後も後継者争いでいろいろ起こりそうです。


カールはセルベリアの部下として改めて仕事に励む…と、彼の戻る場所があって良かったです。






戦場のヴァルキュリア (2) (角川コミックス・エース 149-5)

戦場のヴァルキュリア (2) (角川コミックス・エース 149-5)

  • 作者: 鬼頭 えん
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2009/05/26
  • メディア: コミック


明日へのキズナ

明日へのキズナ

  • アーティスト: HIMEKA,こさかなおみ,梶浦由記,常田真太郎,堀越亮
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2009/05/27
  • メディア: CD


アノ風ニノッテ(初回生産限定盤)

アノ風ニノッテ(初回生産限定盤)

  • アーティスト: pe’zmoku,pe’zmoku,Ohyama “B.M.W” Wataru,suzumoku
  • 出版社/メーカー: DefSTAR RECORDS
  • 発売日: 2009/05/27
  • メディア: CD

 

nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(9) 
共通テーマ:アニメ

nice! 5

コメント 3

usako

takaoさん、MAMuさん、
nice!ありがとうございます!!
by usako (2009-05-31 12:38) 

usako

まこたまさん、
nice!ありがとうございます!(^^)!
by usako (2009-05-31 23:48) 

usako

うっちーさん、「直chan」さん、
nice!ありがとうございます♪
by usako (2009-06-01 11:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 9

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます