So-net無料ブログ作成

『とある科学の超電磁砲』第10話 [アニメ]

第10話「サイレント・マジョリティ」

遂に佐天が禁断の扉を開けてしまった(><)


手に入れたレベルアッパーを自分と同じ境遇の友達と使う佐天。
初めて手にした能力に感激する。


売人から押収したレベルアッパーを手にして、これでレベルアップするのか半信半疑の初春
でもこれを使って黒子以上の能力者になったら今までの仕返しが出来ると考える。
考えているのを口にしていたら意味無いけど。

また学生が暴れているとの連絡が入り黒子が出動。
初春は木山に電話して、音楽ソフトで能力を上げることが可能なのか訊ねる。
テスタメントとかいう装置があれば可能なようですが…。

初春は佐天が気になり電話するが通じなかった。


「またレベルアッパーですの。」
レベルアッパーが増加して大忙しな黒子。体は怪我だらけでボロボロです。
でも胸の包帯は色気ないですね(笑)
美琴に巻いて欲しかったんじゃないかと言う初春に、こんな姿は見せられないと言う黒子。
「大丈夫ですよ。誰も見たくないですから」初春って意外とキツイ事を言いますね。

美琴が訪ねて来たので慌てて初春を投げ飛ばしたら美琴に激突[どんっ(衝撃)]
捜査の進み具合を訊く美琴。
以前カキ氷を食べた時に話題に出た共感覚性を思い出す。
一つの刺激で複数の感覚を得る事。
音で五感を刺激してテスタメントと同じような効果を出している?
その事を木山に電話すると、「見落としていた」って言うけど…。
専門家が見落とす?美琴たちが分かったのに見落としと言うのは怪しいです。


能力を手にした佐天たちは超能力を上手く使えるように練習していた。
佐天は初春だけには教えようか悩んでいた。
すると突然友達が倒れてしまう。

佐天は初春に電話してレベルアッパーを使ったら友達が倒れたと話す。
レベルアッパーを使ったら倒れる事を知らなかった佐天。
レベルアッパーを手に入れて、所有者を捕まえると言っていたのに捨てられなかった。
で、一人で使うのが怖かったから友達も誘った。
自分も倒れてしまうのかと怯える佐天。
何の力も持たない自分が嫌だった。でも「あこがれ」は捨てられなかった。
母を思い出して思わず「ママ」と言う佐天。
「レベル0って、欠陥品なのかな~」ズルをして力を得ようとしたバチなのか?
後悔する前に止めて話していたら良かったのに。

「大丈夫です!!もし寝ちゃっても、私が直ぐに起こします」
佐天を励ます初春。「佐天さんは、佐天さんです。私の親友なんだから」
泣きながら言う初春に笑い声を上げ「後はよろしくね」と言う佐天。
初春が佐天の家に到着して中に入ると、佐天が倒れていた。


佐天も意識不明になり入院。
黒子から佐天もレベルアッパーを使ったと聞く美琴。
データーを解析して佐天を助けると初春が木山の元に行ったと話す。
美琴は黒子を屋上に誘う。
佐天が何か話したかったのに分かってあげられなかったと後悔している。
レベル5の自分が「レベルなんてどうでもいいんじゃない」って無神経な事を言った。
佐天を助けるためにも捜査に協力させて欲しいと黒子にお願いする。
了解する黒子。肩が痛いようですね。

病室に戻る途中でカエル先生に呼び止められる。
リアルゲコタと喜ぶ美琴(違うから)
カエル先生はレベルアッパーで意識不明になっている患者の脳波を調べて気がついた。
同じ脳波パターンが見られる。レベルアッパーで脳を無理やり弄られ植物状態になった?


木山の下に行った初春はそこで引き出しからはみ出ている用紙を見つける。


特定の人物の脳波パターンが断定しているならバンクで調べれば分かる。
が、初春が居なかった。そこに固法が現れて彼女に検索してもらう。
レベルアッパーを使うと同一人物の脳波が組み込まれるのか疑問な美琴。
固法がコンピューターの話をして色々説明してるけど…分かったような分からないような?
脳波パターンが99%の人物を見つるが……木山だったのでビックリする美琴と黒子。
木山の元に行っている初春が危ない。

初春は木山の論文を見てしまったお陰で捕まって何処かに連れて行かれる。
木山は他人の能力には興味が無く、もっと大きな事が目的のようですが、それは何?

「初春もジャッジメントの端くれですの、いざとなれば自分の力で…多分…何とか…運が良ければ…」
レベル1の初春にはちょっと逃げるのは苦しいかも。
嫌な予感がすると言う美琴。それに黒子は怪我をしてキツイのを見破っていた。
「あんたは私の後輩なんだから、こんな時ぐらいお姉さまに頼りなさい(^_-)-☆」
男前な美琴、カッコいいぞ!



レベルアッパーを使ってしまった佐天。
誘惑には勝てませんでしたね。使ったせいで事の重大さを知って後悔しますが遅かった。
で、協力を依頼した木山が犯人だったというのはありがちな展開でしたね。
彼女が何の目的でレベルアッパーをばら撒いていたのか?
佐天を含め、意識不明になった患者を救えることが出来るか!?





とある科学の超電磁砲 第1巻 <初回限定版> [Blu-ray]

とある科学の超電磁砲 第1巻 <初回限定版> [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: Blu-ray


 

とある科学の超電磁砲 マイクロファイバーミニタオル

とある科学の超電磁砲 マイクロファイバーミニタオル

  • 出版社/メーカー: ブロッコリー
  • メディア: おもちゃ&ホビー


 


nice!(16)  コメント(5)  トラックバック(27) 
共通テーマ:アニメ

nice! 16

コメント 5

夜夢

 今回の題名の「サイレント・マジョリティ」は、まさに佐天さんを指した言葉に覚えますね。

 この物語の舞台である学園都市において、超能力を保有していない(保有できなかった)学生達は、
人口のある程度の割合を占めながらも、その存在を無視されがちな(注目されることのない)人々(≒「サイレント・マジョリティ」)と言えるのではないでしょうか?

 佐天さんの心持ちって、多分現実の多くの人達に通じるものがあると思えます。無事に彼女が救われることを祈りたいですね。
by 夜夢 (2009-12-06 11:45) 

usako

>bapioさん、takaoさん、nanoさん、c_yuhkiさん、秋月あきねさん、ロックさん、keiさん、官兵衛さん、まこたまさん、ら王さん、アロンダイトさん、緑茶さん、「直chan」さん、アリア・ポコテンさん、rainmanさん、
nice!ありがとうございます!(^^)!

>夜夢さん、
コメントありがとうございます!!
学園に来る前に能力テストとか実施されてなかったんでしょうかね。していれば佐天のような思いをする前に諦めて違う生き方を考えたと思うけど。
色々問題のあるというか怪しい学園都市ですね。
佐天の気持ちは分かります、特に能力を人一倍欲しているようですし、でも友達を巻き込んだのは不味かったですね。
事件が解決して昏睡状態の人達が目を覚ませばいいのですが、心配ですね。
by usako (2009-12-06 16:51) 

usako

hayafumiさん、
nice!ありがとうございます!(^^)!
by usako (2009-12-06 17:11) 

海優

>夜夢さん
細かい突込みかもしれませんが能力を保有をしてないという書き方だと能力が全く無いというように取れますが、一応レベル0でも能力を持っています。ただ、その能力は微細なので佐天は無いのと同じみたいという意味合いで言っているのです。(実際はどうなのか分かりませんが、もしかしたら佐天はレベルアッパー前だと葉っぱがかさっと動く程度にはあるかもしれません)

>usakoさん
>学園に来る前に能力テストとか実施されてなかったんでしょうかね。
開発を受けた生徒は学園都市から外にでるだけでも許可証が必要なほど、学園都市では能力開発は機密なので、開発は学園都市でないと受けれません。だから、学園にくる前にテストというのは不可能なんですね

長文失礼しました
by 海優 (2009-12-07 05:29) 

夜夢

>一応レベル0でも能力を持っています。
……失礼しました。原作を未読なもので……少々勘違いしていました。
(確か……そんな描写が“禁書目録”の方で出て来てましたっけ……)

>開発を受けた生徒は学園都市から外にでるだけでも許可証が必要なほど、学園都市では能力開発は機密なので、開発は学園都市でないと受けれません。
↑と言うことは、受けてみてレベル0だったとして、それを理由に学園都市を去る……と言うのも難しいんでしょうかね……?
by 夜夢 (2009-12-10 17:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 27

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。