So-net無料ブログ作成

『おおきく振りかぶって~夏の大会編~』第4話 [アニメ]

第4話「野球シンドイ」

プレッシャーでシンドイ花井と、打たれてシンドイ崎玉のピッチャー。
それぞれの立場で辛い状況がよく描かれています。


コールドに参加したい三橋、打って1塁ベースに頭から突っ込むけどアウト(ううう)
怪我したらどうするんだと心配する阿部


三橋の打った打球の処理をミスした選手に「しょうがない」とホローする崎玉の主将。
優しい主将に不満を募らせる崎玉ピッチャー。
2アウト2,3塁でバッターが田島。打たせたいけどケガを悪化させられないとバント指示。
1点追加しますが、ファーストの好守備で更なる追加点は取れなかった。


3回表も0点に抑え、西浦の攻撃。
先頭バッターの栄口がヒットで1塁に出て、次のが左打席に立つ…左?
崎玉はバント警戒をするが、絶好球がきたので泉が打ってヒット。
無死1,2塁の場面に4番の花井。「打て!」と花井にサインを送るモモカン
ここで打たなきゃと気負っている花井と、主将がヘラヘラしていると不満な崎玉ピッチャー。
花井は外野フライを打ち落ち込んでベンチに帰る。
でも「しっかりしろ」と自分に言い聞かせるが、自分以外の選手は打っている(辛いねぇ)


意地の悪い(いい意味で)阿部が崎玉に押し出しをさせようと策を練る。
バントを警戒してストライクが入らない崎玉のピッチャー。
それをカバーできないキャッチャーの佐倉を心の中でボロクソに言う阿部。
押し出し作戦は成功、崎玉の主将が内野を集め1アウトずつとっていこうと励ます。
が、「1点も2点もかわんねーよ!」と言ったので遂にピッチャーがキレた。
「今日負けたら終わりなのはあんた一人なんだぞ!!」
主将がいつも甘いと言うピッチャーに、主将は言ってくれてありがとうとお礼を言う。
辞めていく部員がトラウマで厳しく出来なかった自分を反省する。
多分今日で終わりだろうけど、後輩に最高のプレーを見せてやろう…。
崎玉も良い子達ばかりです。

このことで崎玉がシマッタのか、佐倉の強肩でダブルプレー。


今の回、ノーアウト1,2塁で花井を打たせたのは間違っていた。
と、モモカンは思いながらも花井を成長させるためには打つ指示が正解。
花井、頑張れ!


4回表の崎玉の攻撃で、主将が打って2死1,2塁でバッターが佐倉。
この場面では敬遠するなと祈る気持ちの主将ですが、敬遠で満塁策をとられる。
佐倉の打撃を封じられますます苦しくなった崎玉。


西浦の攻撃で三橋がバントに失敗して落ち込むのを、田島が取り返すからと励ます。
田島のバントで崎玉がエラーをして1死1,3塁。
田島がセーフティばかりなのに疑問を持った崎玉の主将は…ケガ!?
田島がケガをしているから打順も守備も変わったんだと気付く(遅い)


バッターの栄口を応援する花井の横で「田島君、頑張れ」と三橋。
「栄口君頑張れじゃなくて?」不思議に思う花井。
三橋は自分のミスを田島が取り返すと言ってくれたから応援しているだけなんだけど…。
モモカンには怒られましたが、ギリギリセーフで点を入れた田島。
「今日は俺が4番じゃないのかよ」
ケガをしても田島のほうが頼りになるのか…。


田島が活躍すればするほど追い詰められていく花井。
今が一番辛い状況ですが頑張って欲しいです。





おおきく振りかぶって ~夏の大会編~ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

おおきく振りかぶって ~夏の大会編~ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: Blu-ray



 

おおきく振りかぶって(10) (アフタヌーンKC)

おおきく振りかぶって(10) (アフタヌーンKC)

  • 作者: ひぐち アサ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/05/23
  • メディア: コミック


 


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(12) 
共通テーマ:アニメ

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 12

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます