So-net無料ブログ作成

『迷い猫オーバーラン!』第5話 [アニメ]

第5話「迷い猫、泣いた」

夏帆千世を唆してストレイキャッツが経営の危機に(><)

はっぴぃ にゅう にゃあ TVアニメ「迷い猫 オーバーラン!」OP&EDテーマ

はっぴぃ にゅう にゃあ TVアニメ「迷い猫 オーバーラン!」OP&EDテーマ

  • アーティスト: 芹沢文乃(伊藤かな恵)&梅ノ森千世(井口裕香)&霧谷希(竹達彩奈),くまのきよみ,高木隆次
  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • 発売日: 2010/05/12
  • メディア: CD


 
お店はのお陰でお客様も来て大忙し。
そのためすっかり忘れられた千世が立ち上げたサークル。
ミーティングに誰も集まらず、翌日に改めてミーティングを開くが…。
バイトしている巧達に日曜日に集まれっていうのが最初から無理な話です。
サークル名もまだ決まっていないし、というか千世以外はやる気が無いと思うけど^^;
サークル活動の内容を考えてきたと言う千世。

同人誌、同人アニメ、同人ゲーム。

誰か漫画を描けるのか?誰かアニメを作れるのか?ゲームを作れるのか?
いざとなったら金にモノを言わせて作家を引き抜けばいいとお考えですね。
お嬢様の考える事は…^^;あはは

「付き合ってられないわ」を連れて帰ってしまう文乃
それに釣られて希、家康、大吾郎も帰ってしまう。
手を強く握って引っ張る文乃に「握力強すぎ」と鈍い巧。

みんなが帰って残された千世は人形に八つ当たり。
千世も両親に会えなくて寂しいんですね。
そんな千世の前に竹馬園夏帆が現れる。


夏帆はストレイキャッツの経営難、店の手伝いで巧が辛く寂しいだろうと言う。
千世もそんな巧を楽しく過ごさせようとサークルを作った(そうだったの)
でも店の手伝いが忙しくてサークルに参加してくれない。
優しい千世の心が理解されないのは残念だと言う夏帆( 一一)
経営不振の店の手伝いで千世との時間が取れない巧たち。
「だったらいい考えがありますわ」腹黒夏帆が千世に囁く。


パッタリお客が来なくなったストレイキャッツ。
原因は、目と鼻の先に千世が洋菓子店をオープンしたせいだった。
「潰れたっていいじゃない」潰れたら自分の店で雇ってやるですとー。
夏帆の考えってこれですか、潰して自分の店で働かせれば一緒に過ごせる。
千世がおバカすぎる^^; 潰した人間の店で働きたいなんて普通は思わないよ。
ましてや、孤児の巧や文乃にとっては特別大事なお店なのに。
誘いを断る巧に、絶対に全員を従業員にすると千世。


断ったけどこのままでは乙女が帰ってくる前にお店が潰れてしまうと不安になる巧。
不安通り売り上げは下がる一方で、マジでヤバイ。
乙女がいてくれたら青年部の人たちの売り上げが期待できるのに、秋田にいるー!
「わるりぃごはいねぇが~!!」って、期待できません。
その青年部の代表が夏祭りの水着コンテストに、是非乙女に出て欲しいと頼みに来た。
そこで家康と大吾郎は売り上げアップの秘策を思いつく。


梅ノ森学園中等部に入学した千世は、理事長の孫娘ということでみんな避けている。
そんな中、転んだ千世に手を差し出したのが巧だった。
理事長の孫娘とは知らずに、ただ転んでいる人に手を差し伸べただけの巧。
千世はそんな巧達の仲間に入りたかったのに、ますます遠ざかっている。


更に経営は悪化して乙女が帰ってくる前に閉店!?て、乙女が帰ってきました。
事情を聞いて店の宣伝のためにコンテストに出場することにした乙女。
しかし水着の紐チェーンが切れてしまった^^; 乙女に合う水着は早々無いです
それならば乙女の代わりに、希に出場して欲しいと頼む巧。
素直じゃない文乃は、自分も出場すると言い出す。
多分文乃を出場させるためにワザと希に頼んだ訳ではない…と思う。
結果的に文乃自身に出場すると言わせる形にはなりました。

文乃たちが出場すると知り、夏帆にいいように扱われて千世も出場する事になった。


コンテストの日が来ました。
コンテスト出場者の控え室になる店で、文乃、希、千世が顔を合わせる。
文乃と千世が言い争いになる。
「何にも分かってないのはあんたたちの方じゃないのー!」
お店がなくなればみんなの自由な時間が作れて千世と一緒にいられる。
夏帆も千世の作戦に賛成していると言って飛び出していく。


巧は夏帆の元へ行き、「これ以上梅ノ森を間違わせないでくれ」と頼む。
が、自分は受け入れると言いながら千世がどうしてサークルを作ったのか?
その意味を理解した巧。にしても真実を知った巧のリアクションがクサイ。
夏帆には悪気などなく、千世にアドバイスしているだけと言いましたが、違う気がする。
千世を仲間だと言う巧に「意地悪をするための計画ではありませんでしたのよ」
マジですか?信用できない。


二人の話を泣きながら聞いていた千世に、ハンカチを渡し見ていないと言う大吾郎と家康。
千世はストレイキャッツの宣伝のために出場すると言い、夏帆が用意した水着を見ると…
コンテストは三人一緒のチームとして審査を受ける。
夏帆が用意した千世の水着は…スク水(笑)
当然三人が優勝を飾った。


ストレイキャッツが第2部室ですとー。
サークルの名前は「迷い猫同好会」


ストレイキャッツの売り上げが落ちたのは青年部の仕業でした。
乙女をコンテストに出場させるための作戦。
しかし思惑が外れてしまった。
そんな奴らを「わりぃこはいないがー!」と現れたのは乙女!?
青年部の人たちはなまはげにお仕置きされました(バカな奴ら)




迷い猫オーバーラン! 5 本気で拾うと仰いますの? (迷い猫オーバーラン! シリーズ)

迷い猫オーバーラン! 5 本気で拾うと仰いますの? (迷い猫オーバーラン! シリーズ)

  • 作者: 松 智洋
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/06/25
  • メディア: 文庫

迷いネコオーバーラン! 芹沢文乃 フタつきマグカップ

迷いネコオーバーラン! 芹沢文乃 フタつきマグカップ

  • 出版社/メーカー: コスパ
  • メディア: おもちゃ&ホビー

迷い猫オーバーラン! 梅ノ森千世 トートバッグ ブラック

迷い猫オーバーラン! 梅ノ森千世 トートバッグ ブラック

  • 出版社/メーカー: エーシージー
  • メディア: おもちゃ&ホビー

 

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(10) 

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 10

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。