SSブログ

2010ツール・ド・フランス第13ステージ [サイクルロードレース]

まさかのヴィノクロフ勝利!



 
第13ステージはアップダウンのあるコースで、スプリンター勝負になるんじゃないか、勝負したいというチームがメイン集団をコントロール。
ところが、最後の3級山岳で逃げていた3人をメイン集団が吸収。
するとメイン集団の中からアタックする選手が飛び出し、少し遅れてLLサンチェスヴィノクロフがアタック。
ヴィノクロフは前日の長い逃げに引き続き、まさかのアタック。
登りでアタックした選手を引き離し、下りでもメイン集団とのタイム差を縮めることなくゴール。


前日は先頭で逃げていたけど、アタックしたロドリゲスコンタドールに追いつかれ、追い越されてしまい勝利を逃した。
チームメイトのコンタドールがシュレク弟から10秒のタイムを付けたけど、たったの10秒。
たいしてタイムが拡がらなかったのにコンタドールはヴィノクロフの勝利を潰したと、非難の報道がされているらしい。
でもヴィノクロフが勝利した事で、不仲を煽る報道も大人しくなるんじゃないかな!?
去年のランスとコンタドールは口も利かなくて、ホントに不仲だったようですが、ヴィノクロフとは…多分大丈夫でしょう。

因みにランスはスタートする前の走行で落車。
今年でツールは最後だと言っているけど、落車ばかりで散々なツールとなってますねぇ。


今日から総合優勝に大きく影響が出るだろうピレネー山脈のステージが続く。
現在リーダージャージを着ているシュレク弟と、31秒差のコンタドールの一騎打ちになると思われますが、どうなるのか楽しみです(わくわく)






nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。