SSブログ

『伝説の勇者の伝説』第9話 [アニメ]

第9話「忘却欠片(ルール・フラグメ)」

あの兄妹は只者ではなかった。

DDY9-1.JPG


シオンの命で手紙を持ってきたイリス
首吊りが寝かしつける事なのか?妹より団子の方が大事ってか^^;

DDY9-2.JPG


シオンの手紙を持ってきたのに失くしてしまったイリス(><)
覚えているのは、龍が消えたと言っていたような…曖昧。
自分たちが放置した遺物の龍を、調べに行けとの命令と推測したフェリス
相変わらず面倒くさいと言っているライナを剣で脅し、調査に向う。

ところが、イリスが預かったシオンの手紙には、
龍が出現した森の周辺の人々が皆殺しにあい、龍が消えたと。
この遺物については放棄で、森には近づくなと書いてあった。
あらら、ヤバイじゃないですか(-_-;)


木にぶら下がっている死体。
遺物が出現した場所には、血が流れていない死体が…
そこでスイクゥの兄妹に会う。
噂の龍を見に来たと言うが、スイの腰にはライナが投げた勇者の遺物の剣が差してある。
二人の目的はライナたちと同じく、勇者の遺物を探していた。


龍を見た人たちを口封じで殺したのも兄妹。
「未知の力を独占するのは自分たちだけでいい」
人当たりの良さそうなスイでしたが、本性は極悪な奴でした。


衝突する両者。
ライナが複写眼の持ち主と知ると、結晶化して奪うと言うスイ。
スイは複写眼について、ライナよりも詳しいと思われる。
ライナたちが放置した遺物の使い方も知って、それを見せる。
剣を腕に刺し、腕が龍に変わり炎を吐いてライナたちを攻撃。
使用者の意思で全てを焼き尽くす武器。

DDY9-3.JPG
クゥたちは鎌、櫛、剣と、3つも勇者の遺物を所有している。
これでは分が悪いと、フェリスがライナに撤退を告げる。
仕方なく撤退しようとするが、「共鳴しろ!」とスイが結晶を投げた。
するとライナに異変が起きる。

DDY9-4.JPG
お前は望んでいる。全てを消える事を望んでいる。
内なる声が聞こえる。
ライナがシオンたちの前で覚醒した時と同じ。
体が宙に浮き、狂ったような笑い声を上げる。

暴走したライナの攻撃を、スイは神の力である櫛で無効化しようとするが…
櫛が消滅して自分の腕も消滅しかかり、途中で切り落として龍の炎で焼く。
ライナがただの複写眼じゃない、ヤバイと感じて逃げ出す。
暴走したライナは、全てを無にしようと周りを攻撃。


DDY9-5.JPG
子供の頃の蘇る記憶。
仲間を助けようと複写眼を発動させたのに、化け物と忌み嫌われた。
自分が化け物だと思い出す。



クゥは怪しいと思っていましたが、スイの方が酷い奴でした。
それにしても、遺物を探している割にはライナが使い方を知らなさ過ぎますね。
それに関してはスイは詳しいようですが、何でそんなに詳しいのか?
次回は暴走したライナをフェリスが止められるかですね。





伝説の勇者の伝説 ラジオCD

伝説の勇者の伝説 ラジオCD

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ランティス
  • 発売日: 2010/09/22
  • メディア: CD


伝説の勇者の伝説(9) 完全無欠の王様 (富士見ファンタジア文庫)

伝説の勇者の伝説(9) 完全無欠の王様 (富士見ファンタジア文庫)

  • 作者: 鏡 貴也
  • 出版社/メーカー: 富士見書房
  • 発売日: 2005/10/20
  • メディア: 文庫

 

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(7) 
共通テーマ:アニメ

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 7

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます