SSブログ

『おとめ妖怪 ざくろ』第5話 [アニメ]

第5話「わな、粘々と」

あらあら、急接近[黒ハート]

OZ5-1.JPG


政府の人間が集まる夜会や舞踏会で、襲われる事件が頻発していた。
逃げた者からの証言で、美女に誘われ付いて行ったら巨大蜘蛛に変化したと言う。
で、花楯中尉は、今晩行われる陸軍上層部の夜会の警備を妖人省に依頼。


招待客に紛れて警備するため、西王母桃たちは洋装にお着替え。
洋装姿の西王母桃を可愛いと褒める総角ですが、性格がお転婆って^^;
一言多かったせいで、西王母桃に足を踏まれる(>_<)

OZ5-2.JPG
各チームごとに警備に当たる。
花楯中尉が西王母桃の姿を見て、可憐だと褒めてダンスに誘う。
花楯中尉は総角に劣らずキザですね。
嫉妬したのか、ご機嫌斜めな総角(自棄食いしてる)


OZ5-3.JPG
総角を探していた西王母桃は、半妖とバカにする男二人に絡まれる。
妖人の評判が落ちるのを気にして我慢する西王母桃。
「上級士官ともあろうお方が、今時流行らぬ妖人イビリでも、なさっていたとか…」
総角が現れ、慌てて逃げるバカ士官。

総角の胸を叩く西王母桃ですが、体が震えていた。
気の強い西王母桃の弱々しい姿を見て、思わず抱きしめる。


OZ5-4.JPG
雪洞、鬼灯の花びら式神で、敵を見つけ西王母桃と薄蛍に知らせる。
薄蛍と芳野葛の前に、あの半妖が邪魔しに現れる。
薄蛍は半妖に触れ、闇より暗い悲しい気持ちが流れ込み涙を流す。


花桐、雪洞、鬼灯は、敵がいると思われる部屋に行く。
部屋には鍵が掛かっていて、式神で開けてもらおうとするが、気づかれ消されていた。
式神を放っている時は、どちらかが歌を歌っていなくてはいけない。
で、式神が消されると、歌っていた方が傷を負う。
それを知って、これ以上二人にケガをさせたくないと言う花桐。
だったら頼めばいいと、ドアを開けてくださいと呼びかけると…開けてくれた。
部屋の中に入ると、花楯中尉が蜘蛛の糸に捕まっている。

OZ5-5.JPG
雪洞が女郎蜘蛛と戦い、鬼灯は花桐を抱きしめながら歌う。
西王母桃がいないと力が半減なんですね。
女郎蜘蛛にやられて倒れる雪洞。

「よくも雪洞をーーー<`ヘ´>」西王母桃が現れ女郎蜘蛛に剣を突き刺す。
女郎蜘蛛を倒し、気を失っていた雪洞が目を覚ます。
自分は何も出来なかったのを悔しいと思ったのか、花桐は部屋を飛び出す。

「何も知らずに戦わされて、なんと哀れな半妖」
女郎蜘蛛は西王母桃の母親の名を口にする。
このまま行けば、母親と西王母桃自身の秘密を知ることになると言って、消えた。
西王母桃の秘密とは…



警備の依頼をした花楯中尉自身が、女郎蜘蛛に捕まってどうする。
薄蛍と芳野葛は相変わらずラブラブ。
西王母桃の秘密は、後半にならないと明らかにならないんだろうな~。
女郎蜘蛛が母親かと思っていたら、違いました(^^ゞ





おとめ妖怪ざくろ エンディング主題歌

おとめ妖怪ざくろ エンディング主題歌

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ランティス
  • 発売日: 2010/11/24
  • メディア: CD

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(7) 

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 7

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。