SSブログ

『おとめ妖怪 ざくろ』第6話 [アニメ]

第6話ゆきて、事々と」

暗い洞窟の中で暮らしていた雪洞鬼灯
二人の過去が明らかに…

OZ6-1.JPG


女郎蜘蛛が言った言葉が気になる西王母桃は暗い顔。
でも総角が、花楯中尉からのプレゼントを持ってきたら、コロッと笑顔。


花桐は、雪洞、鬼灯を助けられなかった事で落ち込んでいた。
一人にしてくれと言うのに、二人はついてくる。
二人は花桐に自分たちの話を聞かせる。

OZ6-2.JPG
暗い洞窟で暮らしていた二人の元へ、たまに女性が訪れていた。
女性は、昼間は外に出てはいけない、自分以外の人間に近寄ってはいけないと…。
二人は言いつけを守っていたが、ある日から女性が来なくなった。

女性は二人の母親だったようで、二人をこっそり隠していた。
それがバレて殺され、夫がお前たちのせいだと二人を殺そうとした。
その時、二人を迎えに来た櫛松に助けられたんですね。

何もせずにジッと隠れているうちに、大切な人を失いたくない。
だから花桐のために戦う。
明るく過去の話をする二人が、逆に切ない。


西王母桃が無理していると気づいている総角。
薄蛍は、西王母桃と出会った時の話をする。

OZ6-3.JPG
いつも元気な西王母桃。
でも薄蛍は、西王母桃がいつか消えてしまうんじゃないかと怖くなる瞬間がある。
西王母桃の側にいると妖力が強まる。西王母桃から元気を貰っている。
薄蛍は自分も西王母桃に元気をあげたいと思っているが…


の凧が木に引っかかってしまい、高所恐怖症の総角の代わりに西王母桃が登る。
「西王母桃、その先に行ってはダメ」
母親の声を思い出した西王母桃が、誤って落下。

OZ6-4.JPG
木には登れないけど、落下した西王母桃をキャッチ。
ちょーと無様ですけどね。


落下し拍子に母親から貰ったペンダントの鎖を壊してしまい、総角が直してあげる。
母親から唯一貰ったペンダント。女郎蜘蛛が言った、母親の秘密のことは気になる。
このまま行けば、母親の秘密を知ることになるのは、願ったり。
前向きに考える事にした西王母桃。

OZ6-5.JPG
その母親ですが、普通の人間ではないのでは?
額に印があるのが気になります。






おとめ妖怪ざくろ エンディング主題歌

おとめ妖怪ざくろ エンディング主題歌

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ランティス
  • 発売日: 2010/11/24
  • メディア: CD

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(8) 
共通テーマ:アニメ

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 8

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます