SSブログ

『おとめ妖怪 ざくろ』第7話 [アニメ]

第7話「うち、猫々と」

西王母桃のお宅訪問。

OZ7-1.JPG


総角に会いに来たという女性がいきなり抱きついて、みんなが呆然。
その女性は、総角家の使用人のタエで、総角の父親の命令で迎えに来た。

OZ7-2.JPG
実家に帰るのに、西王母桃も一緒についてきて欲しいとお願いする。
そこで西王母桃は、食べ物を貰う条件でOKする。


総角の家はお城のようで、いっぱい使用人がいる。
やはり良いと頃のお坊ちゃまだったんですね。

OZ7-3.JPG
年の離れた妹は、西王母桃が妖人だと気づいている?


タエは西王母桃に総角の恋人なのかと尋ねる。
「違うわよ!」と答えたら「そうですよね~」と納得するタエに複雑な西王母桃。
総角に好意のあるタエに、あんなヘタレの何処がいいのか訊ねる。
「そんな言い方しないで下さい」
総角は使用人にも分け隔てなく接してくれる優しい人で、西王母桃が知らないだけだと。
総角の優しさは、西王母桃も分かっている。
でもつい怒鳴ったり手が出ちゃうんですよね~。素直じゃないから。


「私を連れて来た理由、この家に妖人がいることと関係しているの?」
まだいるのかと、総角は怯えて西王母桃の後ろに隠れる。
どうやら総角には、家にいる妖人に心当たりがあるようです。

タエが食事の準備が出来たと呼びに来たので、詳しく聞けなかった。


食事の席で、父親が妖人嫌いだと知る事に…
妖人を悪く言う父親に、西王母桃は我慢していた。
妹が自分のパンを千切って猫にあげている。
目が合うと、西王母桃に内緒だと合図する。


夕食に出たビーフシチューが胃にもたれて、西王母桃はお気に召さなかったようです。
タエに頼んで桃を切ってもらったと持ってきた総角。
「今ごろ泣いてるわよ」西王母桃の言っている意味が分からない鈍い総角^^;


家に妖人がいるような事を言った西王母桃に、総角は子供の頃の体験を話す。
寝ていた総角が目を覚ましたら妖人がいて、怖がったら父親に怒られた。
半べそをかいて部屋に戻ると、可愛がっていた猫が消えた。
妖人に連れ去られたと思い、返してとお願いしたが、それ以降猫は戻らなかった。
父親に怒られた記憶と、猫を失った記憶とが重なって妖人が怖くなったんじゃないか。


「あんたって、ホントにバカね」
猫はずっとこの家に居たんだと、猫の名を呼ぶ西王母桃。
現れた猫が変化した姿は、総角が子供の頃に見た妖人だった。
猫は大事にされると猫又になるんですかー。

西王母桃の手を取り、ありがとうとお礼を言う総角(いい感じ)

感動的な再会だったけど、ちょっと待て、総角は妖人が家に居るとは気づいていなかった。
だったら何で西王母桃を連れて来たのか?
その疑問の答えは、パートナーの西王母桃に妖人嫌いの父親を知ってもらうため。
パートナーと言われて赤くなる西王母桃。

OZ7-4.JPG
猫の存在を知っていたのは母親と妹。
母親は西王母桃の正体に気づいていて、総角をヨロシクとお願いする。



西王母桃のライバルになるには、残念ながらタエは役不足ですね。
母親と妹が視えるとは驚き。そのうち総角も視えたりして。
次回はパートナーが入れ替わっての戦い?
鼻血ブーって、古いよ(笑)







初戀幻燈機

初戀幻燈機

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ランティス
  • 発売日: 2010/11/24
  • メディア: CD

 

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(5) 
共通テーマ:アニメ

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 5

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます