So-net無料ブログ作成

『おとめ妖怪 ざくろ』第8話 [アニメ]

第8話「あめ、徒々と」

西王母桃を誘き出すための餌にされ、捕らわれた総角薄蛍
そうとは知らない西王母桃は、芳野葛と一緒に二人を助けに行く。

OZ8-1.JPG


出掛けていた総角が、偶然骨董店に預かった刀を返しに行く薄蛍と会い、付き添う事に。
店の前に来た時、二人に声を掛けてきた百録橙橙に捕らわれてしまう。

OZ8-2.JPG
骨董店の店主・が来て、総角と薄蛍が失踪したと判明。
探しに行こうとする西王母桃を、櫛松が閉じ込めてしまう。
しかし綾が鍵を開けてくれたので、西王母桃は芳野葛と一緒に二人を捜しに行く。

花桐、雪洞、鬼灯は、櫛松に見つかった時のお説教を受ける係りとして残る。


捕らわれた総角と薄蛍は、土室に閉じ込められていた。
気が付いた二人に、百録と橙橙は西王母桃を誘き出す餌だと言う。
西王母桃が来る前にここから逃げ出そうとするが…
扉を開けたら、水が流れ込んでしまうので逃げられない。


薄蛍の気配を辿ってやって来た西王母桃と芳野葛。
西王母桃を待ち構えていた百録と橙橙とのバトルになる。

OZ8-3.JPG
自分と同じ半妖が何故襲ってくるのか?訳が分からず押され気味な西王母桃。
西王母桃を気にして、橙橙に斬りつけられ腕を負傷する芳野葛。

何も知らないで、能々と暮らしてきてさぞや幸せだったんだろうな。

百録は、総角と薄蛍を閉じ込めた土室に水が流れるように細工したと話す。
それを聞いて冷静さを失った西王母桃が、百録に攻撃。
力を増した西王母桃に押されながら反撃しようとする百録ですが、血を吐いた。

「この間のお返しをしたいところだけど、また今度ね」
女郎蜘蛛
が現れ、百録と橙橙を連れて消えた。
倒したはずの女郎蜘蛛が生きていると知って、呆然とする西王母桃。


総角・・・君に何かあったら西王母桃君が悲しむ。
薄蛍・・・総角さんに何かあったって、西王母桃は悲しみます。

言い合いしている場合じゃないんだけど・・・^^;
西王母桃と芳野葛が助けに来たので良かった良かった。

OZ8-4.JPG
こちらのペアはもうラブラブ(ふふふ)

で、西王母桃と総角ペアは・・・

OZ8-5.JPG
総角家に行く代わりに交わした契約を守ろうと、総角は買い物に出掛けていた。
そのせいで捕まる事になったのに・・・バカじゃないの。
バカと言いつつ泣き出す西王母桃を、総角が後ろから抱きしめる(キャー!)


逃げた女郎蜘蛛達は・・・
OZ8-6.JPG
女郎蜘蛛に心酔している橙橙。
しかし女郎蜘蛛の命令に従わないと、橙橙を殺すと百録が脅されているのを知らない。



今回の一件で、ますます近づいた西王母桃と総角。
薄蛍と芳野葛はすでに恋人同士ですね。
それに引き換え、百録と橙橙の姉妹は女郎蜘蛛に利用されて可哀相です。






 

おとめ妖怪ざくろ 2 【完全生産限定版】 [DVD]

おとめ妖怪ざくろ 2 【完全生産限定版】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: DVD


 


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(10) 
共通テーマ:アニメ

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 10

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます