So-net無料ブログ作成

『GOSICK-ゴシック-』第13話 [アニメ]

第13話「愚者は己の代弁者を指名する」

学園の時計台に、錬金術・リヴァイアサンの工房があるのを発見した一弥アブリル

G13-1.jpg


アブリルと観た映画に登場した時計台が学園にあった。
一弥をヴィクトリカの元へ行かせないために、冒険だと中に入るアブリル。


2~30年前に実在した錬金術師のリヴァイアサン。
王に恐れられ毒矢で暗殺されるが、彼は不老不死で死なずに逃げたという噂。

G13-2.jpg
そのころ、一弥が来ないので退屈しているヴィクトリカが、リヴァイアサンの本を見つける。
飛び出す絵本には、リヴァイアサンからの挑戦が書かれていた。


黒髪の東洋人が時計台に入るのを見かけた一弥が後をつけると…
リヴァイアサンの工房で、指が紫色になって男性が倒れていた。

G13-3.jpg
誰?グレヴィールと分かり、一弥もセシル先生もビックリ。
髪の毛をセットする時間がなかったらしいけど、下している方が良いです。


亡くなった男性は、赤毛の男と昨夜村にやって来た。
赤毛の男はあの男?(名前は…)


ヴィクトリカに事件を話しに行くと、転がってきて足を蹴られる。
一弥から話を聞いたヴィクトリカは、リヴァイアサンの挑戦を受けるから外に出ると言う。
謎を解いてリヴァイアサンの殺人を止める。

外に出るなら一緒にエレベーターで降りようと思っていた一弥に…

君が私のために、ぜぇぜぇハァハァ苦しみ、
モモをだる~くしながら、えっちらおっちら階段を上り下りする姿が…
大好きなのだよ!

相変わらずドSなヴィクトリカ(笑)



リヴァイアサンが今も生きていて、東洋人を殺したのか?その理由は?
赤毛の男は怪物を探しに来たと言うけど、怪物とは?







GOSICK もふもふマフラータオル ヴィクトリカホワイト柄

GOSICK もふもふマフラータオル ヴィクトリカホワイト柄

  • 出版社/メーカー: エーシージー
  • メディア: おもちゃ&ホビー


GOSICK マイクロファイバーミニタオル

GOSICK マイクロファイバーミニタオル

  • 出版社/メーカー: ブロッコリー
  • メディア: おもちゃ&ホビー

 

タグ:アニメ GOSICK
nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(4) 
共通テーマ:アニメ

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 4

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます