SSブログ

『GOSICK-ゴシック-』第23話 [アニメ]

第23話「灰染めのチェスにチェックメイトを告げる」

2度目の世界大戦が始まろうとしていた。
ブロワ侯爵は、ヴィクトリカを利用して戦争へ突入しようとしている。

G23-1.jpg


国王は戦争に加わらないつもりでいた。
しかしブロワ侯爵がロジェの正体を暴き、王が王妃を殺害したネタで戦争へと突入する。

G23-2.jpg
正体を暴かれたジュピター・ロジェはドロン(逃げた)
もうちょっと抵抗するかと思ったけど、あっさり逃げちゃいました。

その手を放してはいけない、決して放しては…己の魂から手を…

王宮の地下に閉じ込められているヴィクトリカは、自分の魂だから見殺しにはできない。
必ず好機はやって来ると、ヴィクトリカの救出の機会を狙っているコルデリア


オカルト省の使いとしてシニョレー警視総監に会うグレヴィール
一弥を日本に送り帰した彼に、何故騙したのかと問うジャクリーヌ
グレヴィールはブロワ侯爵の嫡男として、父親の考えを遂行するのが役目だと思っている。
しかしその考えに疑問を持ちだしている?
この時代の親子関係では、命令に逆らうなんてとんでもねぇでしょうが、それにしてもね~。


ドイツと同盟を結んだブロワ侯爵は、この次はどう動くかヴィクトリカに占えと命令。
自分の意のままに動かせる手駒が揃ったブロワ侯爵。
ヴィクトリカの耳を噛んで、流れる血が自分の味だとか変態。


学園も遂に閉校。
セシル先生は失業してしまい、ゾフィの元へ身を寄せることにした。
戦争が終わったら、絶対にあの子たちを探すと…良い先生です。

G23-3.jpg
一弥は日本に戻り軍隊に入隊していた(坊主頭が変)
ヴィクトリカから貰った指輪を奪われそうになるが、ボコられても手放さなかった。


明日、ブロワ侯爵の首相就任式典が行われる。
ヴィクトリカを見世物にするため、式典に着るドレスを渡すグレヴィール。
パーティーで着たモンストルシャルマンの衣装は明るい色だったのに、渡されたのは黒。
涙を流しながらも、君の側に居るという一弥の言葉を思い出し耐える。
ノックがして入ってきたのは…


約束とは、心通じ合い魂を響かせ合う者同士にしか存在しない輝きだからだ。
今のこの国が、ブロワ侯爵の嘘に濡れた破滅の契約しかないと言うヴィクトリカ。
と思ったら、コルデリアでした。
ヴィクトリカを守るため、彼女はブロワ侯爵と対決。

G23-4.jpg
炎よ燃えろ…燃えて、あの子の未来を照れし出せ…
げっ、双子のばあさんが強い。
ブロワ侯爵を刺したコルデリアはばあさんと相討ち。



ブロワ侯爵とコルデリアはこれで死んだのかな?
ブロワ侯爵が退場するのはいいけどね。
ロスコーの片割れに殺されそうなヴィクトリカは大丈夫でしょうか。
次回が最終回、ヴィクトリカと一弥は再会出来るのかな~?





GOSICK-ゴシック-DVD特装版 第4巻

GOSICK-ゴシック-DVD特装版 第4巻

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: DVD


GOSICK マイクロファイバーミニタオル

GOSICK マイクロファイバーミニタオル

  • 出版社/メーカー: ブロッコリー
  • メディア: おもちゃ&ホビー

 

タグ:アニメ GOSICK
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(5) 
共通テーマ:アニメ

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 5

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。