SSブログ

『ロウきゅーぶ!』第3話 [アニメ]

第3話「明日に架けるパス」

男バスに勝つには、愛莉の高さを活かしたい。
そこでは、愛莉を騙すことにした。


ロウきゅーぶ!〈3〉 (電撃文庫)

ロウきゅーぶ!〈3〉 (電撃文庫)

  • 作者: 蒼山 サグ
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2009/10/10
  • メディア: 文庫


 
真帆紗季にはシュート練習で、智花、愛莉、ひなたにはランニング。

大丈夫だよ、お兄ちゃん。

ひなたの魔性にコロッとやられて、慌てて保健室に運ぶ昴。

無垢なる魔性(ひなた)、プリズマテック・バド(愛莉)、ファイヤー・ワークス(真帆)、アイス・エイジ(紗季)

あだ名をつけるのが得意という保健医の冬子
智花だけまだ決まっていないんですね。


バスケが下手だけどこのまま終わりたくない。
昴にバスケを教えてくださいとお願いするひなたが可愛い(流石魔性)


愛莉が元気がないのを気にして昴に相談しようとする智花。
普通に電話をすればいいのに、妙に意識してる(笑)


智花から愛莉が大きいという言葉に敏感なのを聞いて、昴はあることを思いついた。
翌日、昴は愛莉に「背が縮んだんじゃないか?」と話しかけると…
ベッドのマットレスを身長に合わせ、周りを板で囲み蓋を付けて寝ている愛莉。
まるで棺桶のようなんですが…^^;
その成果が出たと喜んでいますが、昴が背伸びしていただけでした。
とりあえず、これで愛莉も元気になった(単純です)


「その程度の罪悪感を感じるほど私たちは暢気に構えていません」
男バスの竹中がひなたを好きだと分かり、そこにつけ込もうと迷っていた昴。
そんな昴に、紗季は小学生とは思えない大人の発言。


こんな楽しい場所、絶対に無くしたくない!
みんなとの思い出、いっぱいいっぱい作りたい!


明日の試合は絶対に勝とうと、お風呂で誓い合う智花たち。


翌日、男バスとの試合が開始。
昴は各ポジションを伝えるが、愛莉にはスモールフォアードと伝える。
重要なポジションで、愛莉が失敗したらセンターに交代する。
センターは別名「ビッグマン」と呼ばれていると、愛莉のコンプレックスを刺激。
ビッグマンなんて呼ばれたくない愛莉は、シュートをバンバン決める。
でも、スモールフォアードと思っている愛莉ですが、実はセンターのポジションでした。


男バスが愛莉を封じる作戦に出ると、真帆と紗季がシュートして得点を重ねる。
短時間でここまで出来るようになった彼女たちの吸収力に、面白いと思う昴。


女バスがリードするが、男子との体力差が後半に出て同点になってしまう。
ここからどう立て直すのか!?
無垢な魔性を使って竹中を狙い打ち!?





SHOOT!(初回限定盤)(DVD付)

SHOOT!(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 2011/08/17
  • メディア: CD


『ロウきゅーぶ!』 マイクロファイバー スポーツタオル[2]

『ロウきゅーぶ!』 マイクロファイバー スポーツタオル[2]

  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • メディア: おもちゃ&ホビー


『ロウきゅーぶ!』 クリーナーストラップ

『ロウきゅーぶ!』 クリーナーストラップ

  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • メディア: おもちゃ&ホビー

 

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(6) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 6

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。