SSブログ

『ガッチャマン クラウズ』第4話 [アニメ]

第4話「Kitsch」

誰も助からない、みんな真っ赤に燃え上がる。
それがガッチャマンのせい?

GC4-1.jpg

ロープウェイに取り残された人たちを、はクラウズを使って助ける。
一方は、ベルク・カッツェと対峙していた。

GC4-2.jpg
丈の変身後の姿は…頭から火を吹いて翼があるんですね。
「この星もーらった」ベルク・カッツェは誰も助からないと言う。
変身した丈が攻撃するが、ベルク・カッツェは自分のノートで攻撃。
丈は吹き飛ばされ、奴を取り逃がしてしまう。


基地に戻った丈は、立川近辺で起こっている通り魔事件がベルク・カッツェの仕業だと報告。
奴が自分たちと同じノートを持っていたので、奴もガッチャマンなのか?
何か知っていそうなO・Dパイマンに尋ねるが、2人は何も答えない。
J・Jから新たな予言が入ると、パイマンはみんなに何もするな関わるなと命令する。


あらゆる惑星を滅ぼしてきた悪魔のベルク・カッツェ。
自分の手は汚さず、その星の生物が自ら滅ぼし合うのを見るのが好き。

パイマンの親友は奴に殺された。
O・Dには奴を倒す機会があった?
でもO・Dが翼を広げたら全てが滅びる(・・?


GC4-3.jpg
ベルク・カッツェが持っていたノートは塁から取り出した物。
その時塁は、奴からクラウズの力を貰った。
一滴も血が流れない革命を目指している塁には必要だったから。
人の役に立つ、助けるために力を使っている。
だがベルク・カッツェが塁に力を貸した目的は違った。


塁の目の前でベルク・カッツェが事件を起こし、人々の傷つく姿を見せつける。
「今まで自分は何をしてきたんだ」
自分を責める塁。



O・Dとうつつには、はじめ達とは違う特殊能力があると判明。
2人は人間じゃないとか?







Crowds ガッチャ盤(期間限定)

Crowds ガッチャ盤(期間限定)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 2013/08/21
  • メディア: CD



nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。