SSブログ

『東京レイヴンズ』第8話 [アニメ]

第8話「cHImAirA DanCE -生成(なまなり)-」

大友先生が20代ですとー(*_*;



東京レイヴンズ3 cHImAirA DanCE (富士見ファンタジア文庫)

東京レイヴンズ3 cHImAirA DanCE (富士見ファンタジア文庫)

  • 作者: あざの 耕平
  • 出版社/メーカー: 富士見書房
  • 発売日: 2010/12/18
  • メディア: 文庫

は逃げた鵺を追わずに、生成と分かった冬児に関心を寄せる。
冬児が鬼に堕ちたら払う気満々の鏡。
そこに十二神将の木暮が現れ、逃げた鵺を追うと鏡に指示。
木暮が現れたことで、鏡の暴走を止めることが出来た。
しかし冬児が生成と知って、驚く京子天馬


祓魔局から、逃げた鵺を誘き出すために北斗を囮に使いたいと要請がきた。
その直後、治療していた冬児が目を覚ましたが、病院を抜け出したと連絡が入る。
春虎は夏目の式神として、彼女を守らなければならないが、冬児の事も心配だった。
そんな春虎の想いに気づいている夏目は、冬児を探しに行けと送り出す。


冬児を探している最中に、春虎が酔っ払いに絡まれる。
そこに助けに現れたのは、あの黒幕と話していた隻腕の男。
彼は冬児を見かけたと春虎に教える。


鵺が現れた試験会場に冬児がいた。
心の闇に囚われ、鬼に堕ちる冬児を春虎が引き戻そうとする。

仲間は殺せない。

仲間思いの冬児の心に訴える春虎。


一方、鵺を誘き出す作戦を開始した夏目。
1匹目は結界に閉じ込めることに成功する。
しかし2匹目が現れた時に六人部が術を発動して、霊祭が起こってしまう。



冬児は鬼を払うために陰陽塾にきたんですね。
十二神将の中にも、まともな人がいてよかった(木暮)
六人部が再び霊祭を起こしたことで、夏目たちは大丈夫なのか!?


ラジオCD レヴラジ~東京レイヴンズラジオ~ Vol.1

ラジオCD レヴラジ~東京レイヴンズラジオ~ Vol.1

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: インディーズレーベル
  • 発売日: 2014/01/29
  • メディア: CD





BLACK BLOOD BROTHERS〈8〉ブラック・ブラッド・ブラザーズ 宣戦恋歌 (富士見ファンタジア文庫)

BLACK BLOOD BROTHERS〈8〉ブラック・ブラッド・ブラザーズ 宣戦恋歌 (富士見ファンタジア文庫)

  • 作者: あざの 耕平
  • 出版社/メーカー: 富士見書房
  • 発売日: 2007/10
  • メディア: 文庫




nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(3) 
共通テーマ:アニメ

nice! 12

コメント 2

顔文字

普通に良い友情だけど、冬児の鬼姿がダサすぎてシリアスシーンの雰囲気がちょっとだいなしになってましたね・・・・( ´・ω・)
by 顔文字 (2013-11-27 16:58) 

usako

顔文字さん、
コメントありがとうございます。

冬児の鬼姿は、戦国武将が戦に行く時の格好に似ています。
角がなければ鬼姿とは思えない。
by usako (2013-12-17 20:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます