So-net無料ブログ作成

『魔法科高校の劣等生』第4話 [アニメ]

第4話「入学編Ⅳ」

冗談でも、やり過ぎです^^;

MKR4-1.jpg

剣道部の壬生紗耶香と剣術部の桐原が衝突。
達也が介入したことで、事なき終えた。
桐原が自分に非があると認めたことから、処分は下されなかった。


その後の部活勧誘週間で、乱闘が発生し達也が現場に駆けつける。
ところが途中で何者かに襲われる。


MKR4-2.jpg
部活勧誘週間が終わると、達也にお礼をしたいと紗耶香が現れる。
彼女は達也を剣道部に勧誘するが、達也は即答で断る。

達也は何故自分を勧誘するのか、その理由を訊ねる。
すると紗耶香は、魔法の才能だけで評価される今の現状について不満を述べた。
非魔法科の部活連で別の組織を作り、学校側に自分たちの考えを伝えるつもりでいた。
達也は学校に考えを伝えて、その後はどうするのかと訊ねるのだった。


達也は紗耶香の考えを摩利たちに伝える。
風紀委員会が点数稼ぎだと紗耶香は反感を持っている。
そう見られても仕方がないが、何者かがそう仕向けている。
という噂はアル。
達也は操作している者たちの背後に、反魔法国際政治団体のブランシュの存在を臭わす。

MKR4-3.jpg
達也は、ブランシュの下部組織の一つ「エガリテ」のメンバーが、校内で暗躍していると確認していた。

ブランシュは、この国の魔法力を衰えさせるのが目的。
それを十師族が黙っているはずがない。
特に達也と深雪の四葉家が許すはずがない。
四葉家が動くことになれば、達也たちの学校生活は終わってしまう。

何人であろうと、俺と深雪の今の生活を壊させはしない。

今の生活を守るため、いざとなったら自分が動くつもりの達也だった。



達也をの力を欲しているのは剣道部の部長。
こいつがエガリテのメンバーぽい。

魔法科高校の劣等生 入学編 (4)(完) (Gファンタジーコミックススーパー)

魔法科高校の劣等生 入学編 (4)(完) (Gファンタジーコミックススーパー)

  • 作者: 佐島 勤
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2013/12/27
  • メディア: コミック


Rising Hope(期間生産限定盤)

Rising Hope(期間生産限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • 発売日: 2014/05/07
  • メディア: CD


ミレナリオ(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)

ミレナリオ(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SME
  • 発売日: 2014/04/30
  • メディア: CD


魔法科高校の劣等生 (アニメ版) クリアファイル 達也&深雪

魔法科高校の劣等生 (アニメ版) クリアファイル 達也&深雪

  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • メディア: おもちゃ&ホビー



nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(5) 
共通テーマ:アニメ

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 5

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。