So-net無料ブログ作成

『魔法科高校の劣等生』第13話 [アニメ]

第13話「九校戦編Ⅵ」

達也のお蔭で1年生女子は好成績を上げるが、男子は不振。

MKR13-1.jpg
達也が調整を担当した1年女子は、スピードシューティングで1位から3位までを独占。
特に優勝したが使用した魔法は新種魔法と認められ、魔法百科事典のインデックスに記録されるかもしれないと打診される。
記録されれば名誉なことなのに、開発者である達也は雫の名前で登録してほしいと辞退する。
達也は自分が使えない魔法なのに、開発者として名が載るのが恥だと言うが…

MKR13-2.jpg
本当の理由は、達也が四葉の人間だということを知られては困るからだ。
叔母であり当主の真夜の意向なのだ。

そんな叔母を倒そうと考えている達也。
冷遇されているが、まさか当主を倒す気満々だったとは。
そのためには今はまだ力が足りない。
達也は四葉を屈服させる力を得るまでは、じっと我慢しているのだ。


一方第三高校では、一高の成績がエンジニアによるものだと分析。
そのエンジニアが調整した生徒が出場する競技では、苦戦すると警戒する。
しかし達也はデバイスの調整だけでなく、作戦面でも秀でていたのだ。

MKR13-3.jpg
達也の作戦でほのかは予選と突破した。


妨害はテロリストじゃなかった!?
九校戦で賭けをしている連中が、自分達が賭けた三校を勝たせるために妨害していた。
テロリスト以外にも、厄介な連中が関わっています。











魔法科高校の劣等生〈3〉九校戦編(上) (電撃文庫)

魔法科高校の劣等生〈3〉九校戦編(上) (電撃文庫)

  • 作者: 佐島 勤
  • 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス
  • 発売日: 2011/11/10
  • メディア: 文庫




魔法科高校の劣等生 (アニメ版) クリアファイル 集合

魔法科高校の劣等生 (アニメ版) クリアファイル 集合

  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • メディア: おもちゃ&ホビー


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:アニメ

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。