SSブログ

『続 夏目友人帳』第13話最終回 [夏目友人帳シリーズ]

第13話「人と妖」

最終回です。これで終わってしまうのは寂しいです[もうやだ~(悲しい顔)]
前回名取からカイ「妖怪だ」と聞かされた夏目
カイが妖怪と知って退治するのかそれとも…


カイを守ってやりたいと思っていた夏目。
妖怪に狙われていただけではなく、名取が退治しようとしていた。
人の姿を保っていられるほど強い力を持っていると名取から聞かされる。
名取と別れ、多軌とカイの元に戻ると、カイがとても心配していた。
夏目はカイの頭を撫でてあげる(複雑な気持ちでしょうね)


カイが妖怪で退治される存在なのか?自分はカイにもう会わないほうがいいのだろうか?
カイの笑顔を思い出して悩む夏目。


ニャンコ先生はまったくカイの正体には気がつかなかったようです。
「おまえのちんけな臭いを嗅ぎ慣れて鼻が鈍ったんだ!」
ちんけと言われて怒る夏目とニャンコ先生が路上で口論。
ところがお店のTVに名取が出ているのを見て噴出す。
「笑うなんて酷いなー」と、名取が声を掛けてきた。
名取のTVに爆笑してすっかりケンカを忘れた夏目とニャンコ先生。


夏目が悩んでいることは名取には分かっていた。
分かっていて面白がっている名取に「悪魔だ」と言ったら「祟ってやる」と…
柊のキャラが最近壊れている感じです。面白いから良いですけどね!(^^)!


名取に何故カイを退治するのか訊ねる。
あの洋館の周りは妖怪が引き寄せられるらしく、近くの井戸に鬼が封印されていて
封じられている鬼達が開放してもらおうと、妖怪を呼ぶようになった。
カイは鬼に呼ばれた。カイの力だったら封印を解くことが出来るだろうと話す名取。
カイが洋館に来ていたのは井戸を探していた。

柊からカイを退治するように依頼を受けているから邪魔しないようにと言われます。
誰が依頼したのかと怒る夏目は、カイが封印を解くかは分からないと名取に言いますが…

「そろそろ決めたらどうだ。きみにとって大事なのは人か妖怪か…」

名取にそう言われても…夏目が走り去る。
話しているときに名取のヤモリが顔の中を動き回っているのには意味があるのかな?


落ち込んでいる夏目に声を掛ける多軌。
多軌はカイを探していた。
多軌に洋館の側にあるはずの井戸の場所を調べてもらう。

カイを探す夏目。途中で田沼に会ってカイの情報を聞く。
洋館の中に入って探しますが、ニャンコ先生は美味しそうな匂いに釣られ匂いのする部屋に入ったら…
陣があり動けなくなった(ドジ)

夏目が襲われた。
ニャンコ先生がになって助けに来る。
拘束していたものを退治した斑ですが、夏目は床に開いた穴に落ちてしまう。
その時夏目の腕を掴んだのはカイだった。
夏目はカイに妖怪なのかと訊く。

「夏目は妖…嫌い!?」

「俺はカイが好きだよ」

なんか切ない。
名取が仕組んだワナで夏目が危ない目にあったのが許せず、
カイは名取を始末すると飛び立ってしまった。
名取を襲うカイ。柊が名取の手を引いて逃げる。
そこに夏目とニャンコ先生が名取の元へ…


カイの正体は山に住む水神の類らしい。
寂しくなったカイは鬼につけ込まれたようです。
名取はカイについては手を退くと言い、鬼の封印だけをし直すと…

名取を追って来たカイが、二人が親しそうに話しているのを見てしまう。

「そんなに俺が邪魔なら、山へ帰れと言えばいいのにー
夏目が望むなら、俺はそうしたって良かったのに!」

カイの叫び。悲しいです(T_T)
その悲しさを知った夏目はショックを受ける。
カイが立ち去り放心状態の夏目。
ニャンコ先生の呼びかけで正気に戻り、カイの後を追う。


カイと出会った時を思い出す夏目。

祓われるべきモノだと思って泣いていたカイ。
そこに居てはいけない物だと思われた事が、悲しくて泣いていた。
泣き虫の神様。山の上でずっとひとりだったカイが居場所をやっと見つけた。


井戸を探していたカイの元に、狙っていたはずの妖怪が現れた。
カイは封印されている妖怪の仲間だと分かると、井戸に案内してもらう。
夏目は田沼から井戸の場所を聞いた多軌から聞いて井戸に向かう。


井戸を見つけたカイが封印を解こうとしているところに夏目が到着。
カイに話を聞いてもらおうとしますが、無視して封印を解いてしまう。
解かれた鬼がカイを喰らおうとするのを、夏目が助けようとして跳ね飛ばされた。
跳ばされた夏目を見たカイが、鬼を攻撃。
神様のカイに鬼が敵う訳が無いですよね。

残党の鬼は斑が名取の陣に運び封印した。


気を失っている夏目の側に落ちている友人帳を見たカイは、
レイコと夏目が繋がりがあると分かる。
て、レイコは神様とも知り合いだったんですね。

自分を騙したと思っているカイは、友人帳を隠して夏目を困らせようと考えた。
でも、友人帳の最後のページの押し花を見たカイは…

「やっぱり、夏目が困るのは…イヤだな…」

カイは泣き出した。
私も泣きました[もうやだ~(悲しい顔)]

目を覚ました時にはカイの姿は無かった。
多軌に本当の事を話して、カイの住む山を探して会いに行こうと話す。


桜の咲く季節になり、夏目の家でみんなが花見。

人か妖かと名取に決めるように言われたけど、夏目は自分にとって大切なのかどうか
その瞬間の思い、幸せを心のまま素直に迷うことなく受け止めていけたら…
これが夏目が出した答えでした。



カイは寂しくて封印されている鬼の声を聞いて助けて仲間になろうとしていた。
妖だって寂しいんです。カイの寂しさが悲しくてまた泣かされました(T_T)
カイが退治されずに済んで本当に良かったです。
そして夏目の出した答えは夏目らしいと思います。
やっぱり夏目はこうでなくてはね。
最終回も泣かされ、このアニメでは私は何回泣いたことか…
本当に良いアニメでした。






LaLa (ララ) 2009年 05月号 [雑誌]

LaLa (ララ) 2009年 05月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2009/03/24
  • メディア: 雑誌



 

続・夏目友人帳 1 【完全生産限定版】 [DVD]

続・夏目友人帳 1 【完全生産限定版】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: DVD


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(21) 
共通テーマ:アニメ

nice! 5

コメント 2

まこたま

夏目友人帳は、ホント泣かせてくれますよね。
かなりツボにはまった作品です、夏目。
by まこたま (2009-03-31 15:59) 

usako

>まこたまさん、
nice!&コメントありがとうございます♪
良い作品ですよねー
泣ける話の回は何回見ても泣いてしまいます。

>赤石優衣さん、Lunamariaさん、「直chan」さん、bapioさん、
nice!ありがとうございます!(^^)!
by usako (2009-04-01 04:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 21

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます