SSブログ

『百花繚乱 サムライブライド』第10話 [アニメ]

第10話「鎮護石の秘密」

又右衛門は人で、なし。
兼続は相変わらず、のけ者。

HSB10-1.jpg


宗朗たちは鎮護石の事を聞くために慶彦を訊ねる。
そこで鎮護石が、大日本帝国の氣を安定に保つための石だと聞かされる。
鎮護石のお蔭で大日本は争い事が収束して安定な世になった。
しかしその安定を好まない連中、特に天草四郎が鎮護石を狙っている。

HSB10-3.jpg
徳川は鎮護石を結界で守っていた。
しかし十兵衛義仙が結界内で闘ったことで、結界にダメージを与えてしまった。
その修復を終わるまでの時間稼ぎに、慶彦はダークサムライに宗朗たちの情報を流した。
ダークサムライが宗朗たちを相手にしている間に、結界の修復を済ませようとしたのだ。

だが結界が完全に修復するのは、ダークサムライとの対決の翌日。
だから宗朗たちは、絶対にダークサムライに勝たなくてはならない。
そのために慶彦から、サムライブライドについての資料を見せてもらうのだが…。


サムライは闘いの中で死ぬべき。
混乱の世を望む天草四郎により、この世に復活したダークサムライ。

HSB10-2.jpg
慶彦のマスター^サムライを倒し、鎮護石を破壊して混乱の世にするために復活した。
ところが目的を聞かされていなかった武蔵は、戦いに固執して1か月の猶予を与えた。
そこで完全に復活できなかった又右衛門を操って、鎮護石を捜させていた。
事情を知っている胤瞬は依代だというが、それって“司郎の”ってこと?


サムライブライドの秘密。
幸村は慶彦から受け取った資料で、サムライブライドの秘密を解き明かす。

一人の将と契ったマスターサムライが、最低でも7人は必要。
そのマスターサムライが、一人のマスターサムライを中心に強い絆で結ばれていること。
そして他のマスターサムライは、一人のマスターサムライに将を通じて全ての氣を注ぐ。

成功すればサムライブライドは誕生するが、失敗すれば全員死んでしまう可能性がある。
しかし誰かがサムライブライドにならなければ、ダークサムライに勝利することは無理。
宗朗たちは死を覚悟して、サムライブライドを誕生させるのか!?






百花繚乱 サムライブライド 第一巻 [DVD]

百花繚乱 サムライブライド 第一巻 [DVD]

  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • メディア: DVD



 

結局、偶然で候

結局、偶然で候

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ランティス
  • 発売日: 2013/05/08
  • メディア: CD


 


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アニメ

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。