So-net無料ブログ作成

『あかね色に染まる坂』第5話 [アニメ]

第5話「あかね色のファーストデート」

お出掛けすことを「デート」と言うか!?
準一・湊兄妹は、二人で出掛けることを「デート」と言っているようです。


優姫は父親に準一との結婚を撤回させるため、長瀬家に来てからの記録を書き綴り
最後に報告書として提出しようとファイルを作っていた。
湊に兄が嫌いなのかと言われ、嫌いじゃないけど・・・ドタバタあせあせ
焦って取り乱す優姫を、からかいましたと謝る湊。

優姫は湊に反撃します。
湊が準一の事になると必死だと言って、兄妹以上の感じがすると・・・
確かに怪しいです、この兄妹。

そこに準一が部屋にやって来ていきなり

「湊~、デートしようぜ~」

と言って入ってきた。 ナイスタイミング(笑)

「デート」は単なる言葉遊びと説明しますが、疑いの眼差しの優姫。
準一は湊に映画に行こうと誘いに来たのですが、散々映画の内容をけなした優姫が、
「で、私の券は?」と言い、行く気満々の優姫。
映画の内容が優姫の苦手な話と思い、優姫を誘うつもりが無かった準一。
自分だけ残れというのかと怒る優姫ですが、なんだか図々しい感じがします。


結局優姫も映画に行くことになり、おもいっきり気合が入った格好をしている優姫。
いざ出かけようとした時、湊の携帯がなり友達との約束を忘れていたと言って、
準一と優姫の二人で映画に行ってくれと・・・

しかーし、友達の約束は嘘だったようです(多分)
二人っきりにさせようとしたんですかね~


映画を観た後、またチンピラに絡まれた優姫を、普段と違う準一がチンピラを威嚇して
優姫を連れてその場を立ち去ります。
普段のデレっとした態度とは違う準一を見た優姫は、頬を染めていた(ときめいたな)


二人で話しているところに観月が現れた。
観月がみんなと待ち合わせをしていると聞いて、慌てて口止めして逃げていった二人。


帰りに土手を歩いていると、優姫が被っていた帽子が川の方に飛んでしまい
準一が取ろうとしたら・・・・・バシャーン
川に落ちた準一[バッド(下向き矢印)] 情けない(笑)

優姫は大パニック[あせあせ(飛び散る汗)] 家に帰ってから一人で大騒ぎをして、準一に熱があると分かると
ますますパニックを起こし、お抱え医師を呼ぶなどと騒ぐ始末。
そこに湊が帰ってきて、準一の大好物のラーメン(塩)を食べさせて騒動を収めた。


その後優姫と湊はいっしょにお風呂に入り、親の話になって
サバイバル生活をしてきた湊を優姫は「強いわね!」と。。。
湊は、「強くしていかないと生きて行けないんです。」

「私、貰われっ子だから・・・」

「・・・・・・・」

「なーんちゃって」

と、最後に冗談でしたと締めましたが、冗談には聞こえないんだよね~

そして学校に行くと、観月がしっかりみんなに二人が「デート」していたのをバラしていた。




どうも当初の優姫のイメージからどんどん離れて騒々しいキャラになっている。
それにツンデレが目立ちすぎて、ちとムカつきが・・・ゴホゴホ
湊は二人をくっ付けさせようとしているのかと思えば、問題発言をしたり
何を考えているのか読めないですね。

あ、今回は両親の出番が、過去の思い出として父親が登場しただけでした。





Sweet Gift

Sweet Gift

  • アーティスト: 片桐優姫(釘宮理恵),こだまさおり,渡辺拓也,安岡洋一郎
  • 出版社/メーカー: ランティス
  • 発売日: 2008/11/05
  • メディア: CD

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(5) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 1

usako

「直chan」さん、
nice!ありがとうございます!(^^)!
by usako (2008-11-01 06:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 5

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます