So-net無料ブログ作成

『とある科学の超電磁砲』第7話 [アニメ]

第7話「能力とちから」

前回のグラビトン事件の続きで当麻も登場。


グラビトン事件は規模が拡大している。
黒子初春は事件の見落としはないか連日調べているのでお疲れモード。
無理しないようにと言う美琴に黒子が「ベッドで添い寝してくれれば…」
相変わらずの変態ぶりです^^;


先週チラッと登場した男子。
たかられてますね。たかっている奴らはジャッジメントが来る前に立ち去る。
こいつらはジャッジメントが事件が起こってから来るのを分かっていての悪行。
たかられた男子の方は、ジャッジメントが無能だから自分がこんな目にあっていると…。
事件が起こらなければ動かない警察と同じですね。


事件を調べている黒子と初春ですが、まったく進展がない。
分かっているのはレベル4以上の能力者。
しかしバンクで調べても該当者がいない。
バンク自体が間違っているか、意図的に誰かが操作しているか?


学校の帰りに美琴は佐天を見かけて声をかける。
黒子も初春も事件で忙しい、美琴はレベル5の凄い人。
それに引き換え自分は?と落ち込む佐天。
自分に能力があれば毎日が違うかもしれない。
都市伝説のレベルアッパーがあればと話す佐天。
レベルアッパーとは能力を簡単に引き上げてくれる道具だそうです。
都市伝説なので、あるわけないですよねぇと笑い飛ばす佐天。

美琴はみんなで買い物に行かないかと黒子に話す。
しかし黒子は事件を調べたいからと断る。


イジメられた男子はPCを眺めながら「新しい世界が来る」とか危ないです。
美琴と佐天と一緒に買い物に来た初春の腕章を見て次のターゲットに決めたようです。


買い物に来た三人は下着売り場で初春にどうかと佐天が選んだパンツは…ちとエロイ。
これならスカートを捲られても堂々と見せつけられると言う佐天に、
「見せないで下さい。捲らないで下さい。」と赤くなって抗議する初春。
美琴がパジャマを見たいと言った時の初春の「だったらこっちですよ」の仕草が変。
なんだか盆踊りでもしているかのようなポーズだった。

美琴が気に入ったパジャマを佐天も初春も子供っぽいと言うから可愛いと言えなくなった。
二人が他の売り場に行っている隙にパジャマをあてて見ようとする。
「何やってんだ、ビリビリ」げっ、当麻。
「お兄ちゃーん」と当麻の元に駆けてくる女の子は鞄を犬に持っていかれた女の子。
当麻は女の子が洋服店を探しているのでここまで連れてきただけ。
相変わらず困っている人に関わっている当麻です。
女の子は洋服を買ってお洒落をするんだと嬉しそうに話す。
「短パンの誰かさんと違ってな」と言う当麻にムカッときた美琴。
ここで決着をつけようと言う美琴ですが、ここはお店ですよ。
女の子が他を見たいというので美琴とはその場で別れる。
落ち込む美琴。どうも当麻相手だと調子が狂うようです。
トイレの帰りに階段を登る男子はイジメられたヤツで手にはゲコタ!
美琴はゲコタかと思って振り返ると違った。また落ち込む美琴。


支部では黒子と固法が事件の関連性を考えていた。
ジャッジメントの犠牲者が9名出たと聞いておかしいと気づいた黒子。
その時衛星が重力子の確認を知らせる。

初春は黒子から連絡を受け、観測地点が自分達がいるビルだと分かると、
避難誘導をすると電話を切ってしまう。美琴たちに避難誘導の協力をしてもらう。
美琴たちがお店を回っていた時にはお客が一人も出てこなかったのに、
避難する時にはお店にお客がいたこの不自然さ。手を抜きすぎです。


外に出たら当麻が美琴に女の子を見なかったかと訊いてきた。
まさかまだビルの中に?二人はビルの中に入っていく。

初春は全員の避難が終わったと黒子に連絡を入れる。
しかし爆弾事件の犯人の狙いはジャッジメントで今回のターゲットは初春。
だから避難しろと言う黒子に呆然とする初春。まさか自分が^^;ですよね。
鞄の女の子が初春に預かったカエルのぬいぐるみを渡そうとする。
その時カエルが縮んで変な形になっていくので爆弾と察して投げ飛ばす。
美琴がレールガンで爆弾ごと吹き飛ばそうとしたらコインを落としてしまう。
そして爆弾が爆発[爆弾]寸でのところで当麻が前に立ち爆発の影響を三人は受けなかった。

ビルの外で爆発したのを眺めていたイジメられ男子。
路地に入ったところで美琴に蹴りを入れられた。
さっきの爆発で誰も怪我していないと言われて「バカな、僕の最大出力だぞ」自白した。
誤魔化そうとするけどもう遅い。で、武器を持って攻撃しようとして撃沈。
イジメられて助けてくれなかったジャッジメントを逆恨み。
「歯を食いしばれ!」と顔面にパンチ[パンチ] 殴って立ち去る美琴…男らしい。
「殴られて当然ですわ。あなたみたいな力をいい訳にする人は、一番許せないタイプでしょうから」
常盤台のレールガンは元々はレベル1だったが並々ならぬ努力でレベル5の力を得た。
「でもレベル1だったとしても、お姉さまはあなたの前に立ち塞がったでしょう」


結局美琴が初春たちを守ったという形になったけど、実際に救ったのは当麻。
当麻を待ち伏せして名乗り出たらヒーローになれると言うけど…関心がない。
みんなが無事だったんだからいいだろうと鼻歌を歌って立ち去る。
ムカついた美琴は自販機に八つ当たり^^;



グラビトン事件は一応解決なのかな?呆気なかったですね。
先週の段階で犯人が誰だか分かっていたのでイマイチ盛り上がらなかったな。
今回は序章ってとこですかね。バンクの情報にない人物が事件を起こしていたんだし。





only my railgun <初回限定盤>TVアニメ「とある科学の超電磁砲」OPテーマ

only my railgun <初回限定盤>TVアニメ「とある科学の超電磁砲」OPテーマ

  • アーティスト: fripSide,八木沼悟志,yuki-ka,南條愛乃
  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • 発売日: 2009/11/04
  • メディア: CD


とある科学の超電磁砲 風紀委員腕章

とある科学の超電磁砲 風紀委員腕章

  • 出版社/メーカー: コスパ
  • メディア: おもちゃ&ホビー

 

nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(24) 
共通テーマ:アニメ

nice! 15

コメント 2

usako

keiさん、c_yuhkiさん、
nice!ありがとうございます!!
by usako (2009-11-14 16:18) 

usako

nanoさん、takaoさん、ロックさん、うっちーさん、まこたまさん、アロンダイトさん、bapioさん、緑茶さん、アリア・ポコテンさん、「直chan」さん、秋月あきねさん、タケルさん、hayafumiさん、
nice!ありがとうございます!(^^)!
by usako (2009-11-16 11:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 24

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます