So-net無料ブログ作成

『GOSICK-ゴシック-』第3話 [アニメ]

第3話「野兎達は朝陽の下で約束をかわす」

きみを助けたいんだ!

G3-1.jpg


一弥を撃とうとしたモーリスが、同じく隠されていた拳銃を見つけたジュリィに射殺される。
ネッドは疑心暗鬼になっているからと、モーリスの銃を投げ捨てジュリィにも捨てろと言う。
彼女は従い銃を投げ捨てる。
一弥にぶつかりバックを落とし、ヴィクトリカが拾い投げ返すけど…。

G3-2.jpg
突然ネッドの叫び声がして駆けつけると…倒れて死んでいた。
「怖いんだ」と一弥に側に来てくれと言うヴィクトリカ。
ずっとヴィクトリカが怯えていたんだと思い側に行くと…このままでは殺されるぞ!

「走れ!」ヴィクトリカの指示で空いている部屋に入り武器を探す。
そこに死んだはずのネッドが武器を持って入ってくる。
ヴィクトリカが見つかってしまい、一弥が助けるためにネッドを殴る。
その時ネックレスが外れてしまい、ジュリィが拾ってくれる。
ネッドを部屋に閉じ込め、無線室のある甲板へ…


ヴィクトリカはネッドが死んでいないと気づいていた。
だから一弥に側に来るように言った。

G3-3.jpg
しぶといネッドが追ってきたので、一弥はヴィクトリカを守るため無線室に押し込める。

残った一弥はネッドにボコボコに殴られる。
このまま倒れたら自分だけじゃない、ヴィクトリアの命も終わる。
一弥が反撃するも倒されてしまい大ピンチ。
しかしジュリィがネッドを刺して彼は海に落ちた。


海に沈む偽のQueenBerry号。
「美しいものは嫌いじゃないんだよ」
救助艇からきらめく海を眺めるヴィクトリカ。

G3-4.jpg
10年前のQueenBerry号の生き残りがジュリィで、復讐を果たすために仕組んだ。
10年前、各国から集められた孤児を野兎走りと称して殺し合いをさせた。
殺し合いが起きるきっかけを作ったのが、猟犬だったネッド。

ロクサーヌが未来を占うための道具として放たれた野兎達。
生き残った者の国で、その後の政治を動かしていた。


捕まり連行されるジュリィは、占い師殺しのメイドが一緒に生き残ったリィと知る。
彼女も占い師を殺すことで復讐を果たした。


また手柄を独り占めしたグレヴィールに怒る一弥。
「兄は俗物だからな」なんとヴィクトリカとグレヴィールは腹違いの兄妹だった。
ヴィクトリカの母は政府に睨まれた危険人物。
隔離されて育ち、ブロワ侯爵の許可がないと外出できない囚われの姫。

姫は退屈して、不思議な事件を探して来いと一弥に命令する。
退屈すぎて死ぬかもしれない、少ない友達を失くしてもいいのか?
一弥を友達と認めたヴィクトリカは、彼にもたれて眠る。

「いつか二人で外に出かけよう」寝ていると思って言ったのに…約束だぞ!
起きてたんかい(笑)



ヴィクトリカとグレヴィールが腹違いとはいえ、兄妹だったとはね~。
なぜ彼女の母親は政府に睨まれていたのか?





TVアニメ「GOSICK-ゴシック-」オープニング・テーマ:Destin Histoire

TVアニメ「GOSICK-ゴシック-」オープニング・テーマ:Destin Histoire

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: 日本コロムビア
  • 発売日: 2011/03/02
  • メディア: CD


GOSICKIII  ―ゴシック・青い薔薇の下で― (角川文庫)

GOSICKIII ―ゴシック・青い薔薇の下で― (角川文庫)

  • 作者: 桜庭 一樹
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/01/23
  • メディア: 文庫

 

タグ:アニメ GOSICK
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(6) 
共通テーマ:アニメ

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 6

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます